r

CANDLE OF THE DEAD

卑屈で後ろめたい日々のカリソメ・ブログ

2012年

10月21日

(日曜日)

『ザ・ウーマン』

超亭主関白な弁護士が食人族の女を地下室に監禁し家族も巻きこみ調教しようとする話。ジャック・ケッチャム×ラッキー・マッキー作品。

ケッチャム映画は『隣の家の少女』に続き2本目の日本公開です。DVDスルー&輸入盤オンリー入れて全部で4本あって自分は評判のイマイチな『オフスプリング(襲撃者の夜)』も含めどれも大好きなんですが特に『黒い夏』をちょー愛してます。『黒い夏』はクライマックス、睦雄様ばりのキメキメな殺戮大爆発がものすごいんですけど、中盤の夜の遊園地とかステキな恋愛描写もかなり好きでした。
5本目の今作はその大爆発の先が見れてグッときました。思わず涙が出たのですが自分でも泣いてる意味がよくわからず動揺。エンドロールでその意味を探りつつ落ち着こうと思ったら最後に素晴らしいオマケがあってオイオイきちゃいました(原作まだ読み途中で結末知らなかったのがよかったのかもです)。
クレジットが流れはじめて帰っちゃったお客さんいたけど映画が面白いと感じたなら絶対席立っちゃダメですよー。でもクレジット中に出て行くお客さんが扉を開けるときロビーからの射す光が地下室から解放されたシーンと重なってエモーショナルでもありました。

震災後でその影響を受けた(かどうか知らない)色んな希望持たせたい映画があってウンザリしてましたが、今作みたいな「人として」な映画をガンガン紹介して欲しいと思います。ラストで自分が揺さぶられたのは食人族の女の気高い愛に触れたからです。いままでのどのケッチャム作品より希望がある。これ観てから『オフスプリング』観なおすと色々違った見方が出来そう。

ケッチャム映画2本を上映してくれたシアターNに最大級の感謝を送ります(あとわずかで閉館...)。是非たくさんの方に観に行っていただき他のケッチャム映画公開につながって欲しいなー。

201210210.jpg

ジャック・ケッチャム映画 / 血と暴力の世界 - NO ZOMBIE , NO LIFE


2012年

10月08日

(月曜日)

『インブレッド』

くそ田舎にボランティアに連れてこられた少年犯罪者くんが怖い村人たちにヒドイ目に遭わされるイギリススプラッター。

予告では『ネクロマンティック』『変態村』『屋敷女』を引き合いにしてたので残虐でどこかでしんみりしちゃう感じ
だと勝手に思ってたら同じシアターNで開催中のハーシェル・ゴードン・ルイス祭に合わせてきただけ的な悪趣味バカスプラッターでした。『2000人の狂人』ぽいんだけどあんまりひねってない『フィースト』の続編みたいなそんな感じで自分は最後まで乗れなかったです。でもグチャグチャ切株が明るいところでよく見えて頑張りは伝わります。
ブットゲライトにあやまれ!(うそ)

12100800.jpg
この村人とかほんといいキャラなんですけどね

2012年

09月01日

(土曜日)

『プロメテウス』

古代遺跡で人類の起源が分かっちゃいそうな惑星を示す壁画的なものが複数出てきたので、その星に行ってみる話。

エイリアンシリーズは小学生の頃ド派手な『2』から入って、『1』はその後に観たのでイマイチな印象しか無かったんですけど、今考えると知らない星に行っちゃうのってすごい浪漫。今作も得体の知れないアンドロイドや頼りにならない頭の弱そうな専門家たちと不安要素満載な旅でエライ目に遭うので楽しかったです。特にオート手術マシーンとのコントみたいなやり取りとそのあとの手術シーンがピカイチ!
謎解きとかマジどうでもよかったので専門家のみなさん頑張ってください。大体冒頭のシーンからして映像だけ見てもまったく意味わからない。あれが人の起源なのでしたとかいわれましても...。
クリーチャーとか地味だったので、続編ではまたド派手に戦争して欲しいです。

でもこの映画のせいでギレルモ・デル・トロの『狂気の山脈にて』がなくなったのなら残念、だ。ショゴスがもりもりして人間がどんどんパーになっていくの見たかったよー。

12090102.jpg

2012年

08月16日

(木曜日)

『アナザー Another』

転校した学校のクラスでヘンテコなルールがあってそれをやぶると人が死ぬ話。
原作まったく知らないけど、古澤健監督+橋本愛なので観ましたよ。

『ファイナル・デスティネーション』の学園もので、Jホラー的な怖さは無し。肝心の人が死なないようにするためのルール設定も穴だらけで謎解きについてもあまり乗れないんですけど、橋本愛を堪能する青春映画なので全然OKでした。
冒頭、幽霊的な存在感でミステリアスな雰囲気。その素性がわかって、主人公の男の子と一緒に死人を出さないルールのためにクラスから追いやられてしまうのですが、そこからの2人の青春っぷりがちょーサイコーです。もう死のルールとかどうでもいいから2人のあの距離感を1時間くらいずっと観ていたい。おれも橋本愛に横から弁当つまみ食いされたり、義眼がきれいと言ってキョドられたいですよ!ちきしょー!

で、ルール守ってもどんどん人が死んでいくので色々調べたところ合宿に行ったほうがいいということになります(強制全員参加)。お話的にはチンプンカンプンですが、映画的にはアガるし橋本愛も私服で来るのでOKです。晩御飯も一緒に食べられるし部屋にも来ます。やったー!
そこから案の定クラスメイト疑心暗鬼モードで『バトル・ロワイヤル』みたいになってボロボロ人が死にます。首チョンパもあるし、仏頂面のふとっちょがチェーンソーを始動させるところがすごい良かったです。監督...。

なんやかんやあってどうでもいい謎もだいたい解けエピローグ、主人公と橋本愛のお別れのシーンがちょーいいです。あれが橋本愛の勝負服かと思うと胸アツ。女の子が勝負服で来てくれてるのに主人公の男の子がほぼ無反応なのが涙を誘います。甘酸っぱい...。なのにED曲が加藤ミリヤのペラいダブステップ風のダンスナンバーなので困る。

ということで『シグナル 月曜日のルカ』と双璧をなす青春アイドル映画なのでおっさんは絶対必見ですよー。


シンツボさん!

2012年

08月15日

(水曜日)

『気狂いピエロの決闘』

嫁(?)に裏切られた、サーカス団一有能な笑いピエロと、その嫁に誑かされた新入り泣きピエロが決闘する話。

オープニングから景気がいい!スペインの内戦でサーカス中に狩り出された、後に決闘する泣きピエロのお父さんがピエロの恰好のままマチェーテばりにナタで兵隊をぶっ殺していくアクションがかっこいいです。血がぶしゃぶしゃ出ます。『ビッチ・スラップ』みたいなコラージュ的なオープニングクレジットもかっこいい。
一部隊を壊滅させたお父さんはやがて捕まり、笑いピエロを目指す子に「ツライ思いしかしてないお前は人を笑わせなれないから泣きピエロになるのだよ」と言ってはなればなれに。これは悲しい呪いの言葉ですね。
大人になって言いつけどおり泣きピエロデビュー。そのサーカス団は子供がちょー大好きで仕事はできるけど大酒飲みの癇癪もちという笑いピエロが牛耳っていて、下っ端なのに空気を読まない泣きピエロは怒りを買ってしまいます。そのKYっぷりに団員でもある笑いピエロの嫁(彼女?)が惚れてテキトーに誑かすわけなんですが、どいつもこいつも中途半端なキャラ設定で結局最後までなにがやりたいのかよくわからずそわそわします。
いきなりブッ込まれるテロ爆発とかヤブ獣医の手術によりあのジョーカーよりひどい顔になった笑いピエロのメイクなど映像のテンションは高いけど真面目とギャグの境界がボンヤリしててなんだか面倒くさい。泣きピエロを応援したいけど本気で頑張れー!とは思えない。
ただラストシーンの虚無感が壮絶、とても素晴らしいので観てよかったなぁと思いました。あれだけ全編ド派手にやっておいてさらにブーストするのすごい。

2012年

08月06日

(月曜日)

『戦慄怪奇ファイル コワすぎ! FILE-02 震える幽霊』

口裂け女捕獲に挑戦したビデオ製作会社に今度はぶるぶるブレてる幽霊が映っているビデオが届いたので、撮影者とその廃墟の幽霊を調べに行く話。

前作『FILE-01 口裂け女捕獲作戦』は口裂け女の正体とか特殊能力をかなり丁寧に解明していって最後にゾクっとさせる印象で、今作もその線かと思ったら謎がどんどんでかくなっていってもうエヴァみたいになってる(実際に人類補完計画っぽい画も一瞬ある)。
まず廃墟で映った震える幽霊から行方不明になってしまう撮影者の彼女の謎に移って、その女性の関係者に迫る。
口裂け女は待ち伏せでなかなか現れなかったりで途中少しダレましたが、こちらはたたみ掛けがすごくてテンポがいいです。あとディレクターの人のバイオレンスさが『暴力人間』並にすごいことになってて、さらに前作登場したあるアイテムを使うところがとても楽しいです。バチアタリ暴力人間。
回収されなかった伏線は3、4作目と続いていく(と監督がツイートしてた)のでこれからどんなコズミックホラー的展開を見せるのか目が離せません。
ぶるぶる幽霊が迫ってくる映像はあの口裂け女疾走と同じくらいしっかり怖い。あとエロシーンがやけに生々しいのでひとり以外で観るひとは注意してください。

2012年

07月25日

(水曜日)

『ムカデ人間2』

前作『ムカデ人間』を崇拝する気管と頭を患ってるヤバめな太っちょさんが映画の4倍もの長さのムカデ人間を作っちゃおうと頑張る話。

『1』はムカデ人間を作るのがシャム双生児分離マスターの博士ということで手際の良いカンペキな段取りでしたが、『2』は駐車場の警備員でドシロートで不潔でひどいコミュニケーション障害、マル秘ムカデ人間ファイル以外は全部雑。前作の何十倍もエグさを爆発させます。バールと銃とバンを使い乱暴に集められてきた被害者部屋(倉庫)は地獄絵図。すごい。
今年公開されたもう1本の歴史的エログロ残酷拷問映画『セルビアン・フィルム』はセリフの面白さもありましたが、こちらはあまりセリフがなく(主人公はまったく喋らない)モノクロのアーティスティックなビジュアルでグイグイ押す(一部カラーあり)。汚い倉庫に素っ裸の汚い人がいっぱいうつ伏せでいるだけでなぜかカッコイイ画になる。
最悪な下剤パワーがスプラッシュするところと、主人公がムカデ人間の最後の人をアレしてから妊婦さんが飛び起きてアレするシーケンスは素晴らしすぎて涙が出そうになりました。ボカシがホントに残念。でも劇場公開の感謝のほうが遥かにデカイですけど。

絶対『1』を観てからの鑑賞がオススメ!そしてDVD化の際は『ミスト』とは逆にカラー版を特典収録して欲しいです。
完結編の『3』は500人繋ぎたいと監督が言ってるみたいですけど、見ため的に15人くらいが本物のムカデっぽくてかっこいいと思うので、それを30セットくらいつくって少年マンガっぽくトーナメントとかで戦わせてみたら非常に楽しいんじゃないでしょうか。

   |   | 

 プロフィール 

junpa1

Author:junpa1
ミコンの町から


↑クリック
flying gecko fun
(ヤモリ・カエル飼い)

 Free AREA 

    follow me on Twitter

     月別アーカイブ 

     フリーエリア