r

CANDLE OF THE DEAD

卑屈で後ろめたい日々のカリソメ・ブログ

2007年

09月01日

(土曜日)

「僕に守る価値なんてないよ」

毎月1日は映画の日(1,000円)。しかも土曜&公開初日ということで、巨大死ねコンは老若男女ゴッタ返してる中、朝イチで「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序」を観賞。
新劇場版4部の1発目はほぼオリジナルと知っていたので、進化した画が観れればいいやって感じだったのですが、相当いいです。
中でもただの四角い鏡の箱だった使徒ラミエル(ヤシマ作戦)が超凶悪な姿に変貌、やりたい放題してたのには参ってしまいました。パンチのきいた狂気な動きで使徒ファンを魅了します。もうあれだけで1本映画作って欲しい。「超絶変化!鮮血の鏡箱地獄」。使徒好きは是非劇場でご堪能することをおすすめします。あまり求められてはないだろうという箇所での本気さに感動。あとは闇夜に光る初号機は文句なしにカッコイイです。
それから、ただイジけてるだけじゃないシンジ君への感情移入のしやすさが抜群で、泣かせる作りになってます。タチが悪いのはこの個人的見所が同時に発生すること。もう1回観ろってことなのでした。
だめなところはミサトさんの臭すぎるセリフと、スタッフロールの取ってつけただけな宇多田ヒカルの歌です。ああ、カップラーメンのCMが流れ込んでくる...
で、いつ公開だか知らない2部目「新劇場版:破」の予告もあったのですが、新キャラ&新EVAが入り乱れる模様で期待よりも不安がでかいっす。ゼルエルくらいまで進むのかな?そしてやっぱり使徒は減らされてます(ラミエル入れてあと8体とゲンドウが言ってました)。
ちなみにパンフの次回予告ページに"スタッフ募集中"と書いてあるのは本気で大変なのか、ギャグなのかはわかりません。

で、そのまま「デス・プルーフ in グラインドハウス」(完全版)も観る。
本来2本立て&ウソ予告編の大トリで、通しで観ることによって意味のあるシーン(同じ俳優が出てたり)が死ぬわけですが、まぁ面白すぎるので問題ないのです。ただフルのグラインドハウスを観たくても観れなかった人が可哀想なだけです。
完全版てことで未カットシーンを初めて観たのですが、結構肝なシーンが多く新事実もわかって楽しさ増幅。殺人鬼の変態&姑息っぷりが出るコンビニシーンは笑えました。ラストのカタルシスに拍車を掛けます。
終わった後、おじいさんが「こんな映画だと思わなかった」と一人でブサクサ文句言ってました。あのダサイポスター(オリジナルはステキ)と的はずれコピーの所為。B級でポスター見てもどんな映画か全くわかんないってのはプロモーションとして致命的だし、そもそもグラインドハウス映画ってのはポスターや予告編が格好良くて本編がつまんないものらしいので、マジ勘弁。台無しということです。
とにかく、この「ダラダラ→メタメタ!→ドカーン!→THE END!!!」は劇場で体感するのが吉。9/21まで。
09011.jpg

コメント

コメントの投稿


管理者にだけOK

【お願い】
・テンプレートに関するご質問をされる方は、必ず「質問の心得」をお読み下さい。

 プロフィール 

junpa1

Author:junpa1
ミコンの町から


↑クリック
flying gecko fun
(ヤモリ・カエル飼い)

 Free AREA 

    follow me on Twitter

     月別アーカイブ 

     フリーエリア