r

CANDLE OF THE DEAD

卑屈で後ろめたい日々のカリソメ・ブログ

--年

--月--日

(--曜日)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007年

06月11日

(月曜日)

だが断る

ここはスパルタだッ!!、ド畜生共ッ!
ということで、おとなしく近所の劇場へ「300<スリーハンドレット>」を観てきました(血まみれなのに大入り。グロ暴力描写もCG全開なら受け入れられるのでしょうか)。
ひたすら真っ直ぐで熱い、まるでマイクジャックの曲のような映画なのですが、もっと皮肉というかユーモア的要素が欲しかったのでした。反体制&もう流行らないスポ魂スタイルで笑いの要素全くなしにしてしまうと、それはもうファンタジーでしかなくなってしまう気がするのです(原作ファンが許さない?)。あ、でも最強動物兵器の象は笑うところでしょう。
男と一緒に闘う野蛮な女が出てこないので、田島陽子はコレ観て怒るのかな~?

映像は文句なしに格好良かったです。グルングルン回るスパイダーマンなんかよりCGの格好良さというか見せ方に的が絞れてると思います。流れるような殺陣が好いです。それからビシッとキマル構図が沢山あります。分厚くて内容タップリのパンフレット(プログラム)も素晴らしいです。
コレを機に「暴力と人間の尊厳」を描く作品がもっと広まって欲しいと思います。人に勧めて何度も観に行くことくらいしかできないですけど。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけOK

【お願い】
・テンプレートに関するご質問をされる方は、必ず「質問の心得」をお読み下さい。

 プロフィール 

junpa1

Author:junpa1
ミコンの町から


↑クリック
flying gecko fun
(ヤモリ・カエル飼い)

 Free AREA 

    follow me on Twitter

     月別アーカイブ 

     フリーエリア 

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。