r

CANDLE OF THE DEAD

卑屈で後ろめたい日々のカリソメ・ブログ

--年

--月--日

(--曜日)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年

10月21日

(日曜日)

『ザ・ウーマン』

超亭主関白な弁護士が食人族の女を地下室に監禁し家族も巻きこみ調教しようとする話。ジャック・ケッチャム×ラッキー・マッキー作品。

ケッチャム映画は『隣の家の少女』に続き2本目の日本公開です。DVDスルー&輸入盤オンリー入れて全部で4本あって自分は評判のイマイチな『オフスプリング(襲撃者の夜)』も含めどれも大好きなんですが特に『黒い夏』をちょー愛してます。『黒い夏』はクライマックス、睦雄様ばりのキメキメな殺戮大爆発がものすごいんですけど、中盤の夜の遊園地とかステキな恋愛描写もかなり好きでした。
5本目の今作はその大爆発の先が見れてグッときました。思わず涙が出たのですが自分でも泣いてる意味がよくわからず動揺。エンドロールでその意味を探りつつ落ち着こうと思ったら最後に素晴らしいオマケがあってオイオイきちゃいました(原作まだ読み途中で結末知らなかったのがよかったのかもです)。
クレジットが流れはじめて帰っちゃったお客さんいたけど映画が面白いと感じたなら絶対席立っちゃダメですよー。でもクレジット中に出て行くお客さんが扉を開けるときロビーからの射す光が地下室から解放されたシーンと重なってエモーショナルでもありました。

震災後でその影響を受けた(かどうか知らない)色んな希望持たせたい映画があってウンザリしてましたが、今作みたいな「人として」な映画をガンガン紹介して欲しいと思います。ラストで自分が揺さぶられたのは食人族の女の気高い愛に触れたからです。いままでのどのケッチャム作品より希望がある。これ観てから『オフスプリング』観なおすと色々違った見方が出来そう。

ケッチャム映画2本を上映してくれたシアターNに最大級の感謝を送ります(あとわずかで閉館...)。是非たくさんの方に観に行っていただき他のケッチャム映画公開につながって欲しいなー。

201210210.jpg

ジャック・ケッチャム映画 / 血と暴力の世界 - NO ZOMBIE , NO LIFE


コメント

コメントの投稿


管理者にだけOK

【お願い】
・テンプレートに関するご質問をされる方は、必ず「質問の心得」をお読み下さい。

 プロフィール 

junpa1

Author:junpa1
ミコンの町から


↑クリック
flying gecko fun
(ヤモリ・カエル飼い)

 Free AREA 

    follow me on Twitter

     月別アーカイブ 

     フリーエリア 

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。