r

CANDLE OF THE DEAD

卑屈で後ろめたい日々のカリソメ・ブログ

2012年

09月11日

(火曜日)

『夢売るふたり』

小料理屋やってたけど火事で店を失ったので、夫婦で結婚詐欺をして再建しようとする話。

タイトルのとおりふとしたところから寂しい女のひと相手に夢を売るわけなんですが、そのターゲットがバリエーション豊かで、騙されてバカだなー可哀想だなーって感じになるのは第一の被害者(田中麗奈)くらいなのがすごいです。最初は妻の指導で旦那が騙す演技をしたりしますが、どんどん人数&経験をこなし徐々に妻の手から離れガンガンにスキルをあげていく。あまりにすごいので妻を裏切って誰かと本当にくっつくんじゃないかと思うくらいです。接している姿は男の自分から見てもいい男。
一方妻のほうはお金の為とはいえ旦那が他の女と過ごしていることについて本心がよくわからない。詐欺作戦がスタートしてから何度か衝突するけど爆発しないでやり過ごすのですごい旦那のこと好きなんだろーなってのは伝わります。でも何をどうしたいのかがボンヤリしていてもどかしいです。女性の皆さんはわかるのかしら。なんだかトリアー『奇跡の海』の自分が不能だから妻に他の男と遊ぶように仕向ける旦那みたいな心境なのかなと少し思いました。よくわからないけど机でひとり寝ているカットで目から水。○ナニー後、指をティッシュで拭くのとか、(自分が好物の)妊娠検査薬ご利用シーンか!?と思ったら真逆だったところはすごいギョっとしましたね。女性監督ならではのディティールなのかしら。
クライマックスの衝撃シーケンスは思わず笑ってしまいましたが、あの後の旦那の反応見て本当にいい男だなーと思いました。鶴瓶の怖い人演技はコワイ。木村多江さんは出番少ないけどとても良い存在感です。

自分は今アイドルさんに夢を売られてるのだろうか?


コメント

コメントの投稿


管理者にだけOK

【お願い】
・テンプレートに関するご質問をされる方は、必ず「質問の心得」をお読み下さい。

 プロフィール 

junpa1

Author:junpa1
ミコンの町から


↑クリック
flying gecko fun
(ヤモリ・カエル飼い)

 Free AREA 

    follow me on Twitter

     月別アーカイブ 

     フリーエリア