r

CANDLE OF THE DEAD

卑屈で後ろめたい日々のカリソメ・ブログ

2012年

07月16日

(月曜日)

『ヘルタースケルター』

全身整形の人気絶頂女優モデルさんがダメになっていく話。
マンガ原作は1回読んだきりで大して思い入れもないんですが、監督の前作『さくらん』好きだし何よりエリカ様の大復活が見たくて観ました。

冒頭、繭から羽化したみたいに包帯を解いて現れたビーチク2つ。楽屋の鏡前ファックでビーチク6つ。言葉責め。立派です。「パッチギ!」の可憐なエリカ様を思い出してました。
度を越した装飾のインテリアと極彩色の部屋はゴージャスでいて危うさがあって、陳腐にも見えてよかったです。狂ってます。
後半かなりアタマがおかしくなってから、テレビ番組のサプライズバースデーケーキでステージセットがグワングワンするところはもっと笑っちゃうくらい頑張れば『ブラック・スワン』、『レイクエム・フォー・ドリーム』みたいになってたと思います。そこは少し残念でしたが、きゃりーぱみゅぱみゅのPVの世界みたいなのに侵食される気持ち悪さが出てたのと、締めの桃井かおりが非常に恐ろしかったので悪くはないです。ガツンとぶっ飛ばすショックがなかった。エリカ様は頑張ってたので撮り方の問題なのかな。

ラスト、フリークス感があまりないのでインパクト弱いです。あそこは西村映造の特殊メイクで水原希子とがっつり対比させくそ強い女をアピって欲しかった。直前のステレオタイプなくそダサイ女子高生の駄話シーンを軽く吹っ飛ばしてくれないと気持ち悪い。
脇役ではほんわかするメイクさん役の新井浩文がすごくよくて、大森南朋と原田美枝子は薄く感じました。たぶんエリカ様と同じくらい頑張った寺島しのぶはとにかく見ていて気の毒でした。

12071602.jpg

コメント

コメントの投稿


管理者にだけOK

【お願い】
・テンプレートに関するご質問をされる方は、必ず「質問の心得」をお読み下さい。

 プロフィール 

junpa1

Author:junpa1
ミコンの町から


↑クリック
flying gecko fun
(ヤモリ・カエル飼い)

 Free AREA 

    follow me on Twitter

     月別アーカイブ 

     フリーエリア