r

CANDLE OF THE DEAD

卑屈で後ろめたい日々のカリソメ・ブログ

--年

--月--日

(--曜日)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年

05月04日

(金曜日)

エビ中GW6日目


@ラフォーレミュージアム原宿
【エビーダダ、祝交渉成立!!全員そろって初来日】

MX→仮契約のシンデレラ
もっと走れ→結果オーライ→エビ中一週間
エビーダダ
ティッシュ
Enc.エビフライ

・MCはダダのキャラで基本英語 
・エビダダの冒頭MCはリカーダダが担当
・ティッシュ撒き
・真山さんと誰かのタオルが照明にかかる

高いキャットウォーク兼花道が設置され1人ずつダダで登場。ライブ中は誰と2ショット撮ろうかなぁとかいつもと全く違う感覚てじっくり見入ってたので本当にファッションショー見てるみたいでもありました。
すごい目を引いたのは高身長でクールな上下ストライプのりななんとウエストの細さがより際立つシルエットのなっちゃん。
久しぶりに聞くエビーダダ18番ソング「歌え!踊れ!エビーダダ!」は最近お客さんが増えて滅茶苦茶になってるオタ芸的なものが入らないので快適空間。曲最後のセリフのところを初めて音源どおりの割り方でやってました。まだダダMCを担当してない4人の出番が楽しみです(担当順:ぁぃぁぃ→美怜→りななん→瑞季→真山)。
ティッシュは久しぶりにポケットティッシュ撒きがあって、全部撒ききれず最後はかなりの量が入ったままの紙袋をもち(だったかな?)がブン投げて中身がボロンと出てたのが面白かったです。
エビフライで照明と天井に引っかかっちゃったタオルはぁぃぁぃと多分なっちゃんがタオルを使って落としてました。あと花道最前に行った美怜ちゃんがいつまでも1人だけステージに戻らず、花道下のすぐそばにいたかりそめセンセがすごい苦笑いしてました。
特典会最後はなっちゃんとりななん2人で締めの挨拶。CD1枚でこれだけ金のかかったものが観れるって素晴らしいです。





@タワーレコード渋谷店B1ステージ
エビ中おまけのトークショー!~勝負にならなくてごめんなさい~

1限目
金八主題歌で現国先生が登場し、「1年B組~」とか言って豪快にスベった挙句、ヒロノにその演出をつっこまれスタート。自称エビ中で1番普通な3人組だそうです。
お客さんにプレゼントする落書きを描きながらの進行で、絵に集中してるぁぃぁぃが現国先生に急に話を振られ普段見せない感じで驚いてたり、ヒロノが「何描こうかなぁー」とわざわざマイク通して悩んでるのが面白かったです。
メンバーのキャラについて話になってからぁぃぁぃがトークを回しつつもほぼ独壇場、りななんのロー&ハイテンションものまねともちの送ってくるメールの内容、もちファッション最先端の話が印象的でした。他には安本さんの真山さんクソ真面目エピソード、ヒロノのなっちゃんについてなど。3人とも口を揃えて瑞季ベタ褒め。
現国先生が「おれ要らなかったなぁ...」というほどぁぃぁぃがよく話を回してて、あの声がとても心地よくもっと好きになりました。
安本さんは利きうまい棒のくだりでテンションが高くなってました。すんごい難しいみたいで、めんたいこ味しかわからないらしいです。でエビマヨ味が好きだとか。
ヒロノは終始チカラ抜きすぎ、現国先生への受け答えも雑でテキトーといった印象。今度のミュージカル公演でやりたいことを聞かれてもぁぃぁぃ安本さんはちゃんと答えてるのに、スズキさんは?と聞かれ「スズキさんはー、、まだいいかな。だって私達の意見は取り入れないですよね?」的なクールな答え。


2限目
"えびぞりダイアモンド!!"のオカダダRemixでかりそめ先生がおなかさすりながら登場。1限目がトークイベントしてちゃんと回ってたのでプレッシャーでやられたみたいです。
リミックス学ということでウィキペディアのページを読み上げたら美怜ちゃんに「わかんないから違うことやろー」と言われ、なんやかんやで話は「かりそめ先生の謎について」へ。そこで真山さんが「(担当している)チームしゃちほことエビ中どっちが本命なんですか!?」とするどい質問を浴びせられタジタジ、それは会場のファンの人へも飛び火しました。
そんな感じで真山さんと美怜ちゃんがわちゃわちゃかりそめ先生をイジメて、瑞季がたまにつっこみを入れる流れで盛り上がりました。
で、テーマがリミックスということで、美怜ちゃんがぁぃぁぃ、真山さんがもちのマネをするぁぃぁぃ、瑞季がハイテンションキャラ、かりそめ先生が握手回の時のもちのそれぞれマネをして進行。真山さんはノリノリでアニメ声使っててめちゃくちゃ巧かったです。かりそめ先生は「ハイッ!!」と「ありがとうございますッ!」しか言ってないですがバカウケしてました。
その後キャラを元に戻し、1限の現国先生の台本作りと比較され、かりそめ先生がマジの真面目弁解。この企画を考えたMr.マツイのせいにして呼び出すも何も起きず...。折角の機会なのにデフスタスタッフ弱い。
で、またモノマネキャラになって"永遠に中学生"を歌っておしまい。かりそめ先生やりきりました。あと美怜ちゃんがすっごいヒール履いてて終始お脚が大変眩しかったです。
瑞季が言ったサイバイマンを誰が倒したのか問題でモヤモヤしながら、ネットがつながらない次の回の列に並びました。


3限目
きゃりーぱみゅぱみゅの"つけまつける"で全員登場。みんないつもと違う自己紹介で校長も本名で自己紹介してた。「アンドーナツよりおはぎ好き、杏野なつです」、校長「通風と共に去りぬ~」みたいな。
リスクマネジメントとはまったく関係ない「エビ中でっかTV」コーナーから(オリジナルジングル付き)。もちのバカエピソード暴露話と現国先生が天狗になってる話の中で、なっちゃんが「フジイさん」って言ってもちにフジイさんじゃなくて校長だよと訂正されると「さっき自分で言ってたからいーんだよ!」みたいに返したり、現国先生のモノマネとかガンガンやっててなっちゃんはかなりテンション高め(ホットパンツ)。校長がうまく転がせないとみんなに「もっとしゃべろーぜッ!」と手振りを入れて叫んだり、こないだのメガウェブのステージ上で「どうすればプロの学芸会になれるか」について再度つっこまれ校長が口ごもってると「もうこの話やめましょうかー?」となっちゃんに切り上げてあげてました。校長くそ真面目です。
なんの話か忘れたけどもちがイジられてそのやりとりの中で校長が庇ったり調子を合わせたりでもちへの愛情が伝わって少しキモかったです。他のメンバーもそのへんのもちの秘蔵っ子っぷりを感じ取ってるんだろうなーと思いました。でも全体的にもちは受け答えがヘンテコで言葉があまり通じてない感じ。校長に「あれやってください」と言って拒否られるとなぜか「いやですぅ」と返してた。
校長はメジャー1発目の今回のシングルで、あるアイドルグループにランキングで勝ち業界に一石を投じたいんだそう。多分某ハロプロだと思います。自分はアイドル業界よく知らないのでどう業界が変わるのか想像もつきませんが、戦国時代を戦わないと以前言ってたのに秘めた野望をメンバー&お客さんの前で言っちゃうのはちょっとアガりました。
ラストは校長がもう3度目(?)のサブカルソウルを歌って終了。歌詞のメモはなっちゃんともちが書いたとのことでで、なっちゃんがそのメモで飛行機折って客席に飛ばしたけど天井に吸い込まれていきました...

コメント

コメントの投稿


管理者にだけOK

【お願い】
・テンプレートに関するご質問をされる方は、必ず「質問の心得」をお読み下さい。

 プロフィール 

junpa1

Author:junpa1
ミコンの町から


↑クリック
flying gecko fun
(ヤモリ・カエル飼い)

 Free AREA 

    follow me on Twitter

     月別アーカイブ 

     フリーエリア 

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。