r

CANDLE OF THE DEAD

卑屈で後ろめたい日々のカリソメ・ブログ

--年

--月--日

(--曜日)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年

04月21日

(土曜日)

『裏切りのサーカス』

冷戦とかをうまいことやってたイギリスの諜報部組織"サーカス"のOBがサーカス内の2重スパイを追うノーアクション激渋スパイ映画。
ユナイテッドシネマのずっと使ってなかったタダ券があったので初日に観ました。

武蔵野館で観た予告編がスタイリッシュでめちゃくちゃかっこよかったとおり、そのまま本編もかっこいい映画でした。シンプルにアニメーションするOP&EDクレジット、構図、人の配置、カメラの動き、衣装に美術全部シブイ。奥行き、空間感覚とかフォーカスの気持ちよさがあって3D映画以上に飛び出しるように見えました。
でも、(原作未読ですが)多分すごい端折ってるふうに見えるところが多く時間軸も変えてるのもあり話についていくのがちょっと大変。音楽も落ち着いてて全体的に静的なので眠気を誘います。自分の気合が足りませんでした。どこかで『ミュンヘン』みたいのを期待してたんだろうなー(おっさんが川泳いでるのとかミュンヘンぽいです)。小説が大人気らしいのでストーリーの面白さをがっつり掴んでから観たほうがいいのかなーと感じました。公式頁に結構なところまでストーリー出てます。
最後の方にOB役のクールな主役ゲイリー・オールドマンさんが激しい口調になるところがあるんですが、なんであんなに怒ってたのかがわからないくらい途中の意識が飛んでました。犯人がわかった2回目のほうが楽しめそうだけどそれ以上に眠くなりそう...。眠気覚ましにポップコーンでもつまみながら観たいところです。

12042102.jpg

コメント

コメントの投稿


管理者にだけOK

【お願い】
・テンプレートに関するご質問をされる方は、必ず「質問の心得」をお読み下さい。

 プロフィール 

junpa1

Author:junpa1
ミコンの町から


↑クリック
flying gecko fun
(ヤモリ・カエル飼い)

 Free AREA 

    follow me on Twitter

     月別アーカイブ 

     フリーエリア 

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。