r

CANDLE OF THE DEAD

卑屈で後ろめたい日々のカリソメ・ブログ

2012年

03月31日

(土曜日)

『ドライヴ』

昼は整備工にカースタント、夜は強盗の送迎をやってる寡黙な男がひょんなことから抗争に巻き込まれて男をみせる話。
映画秘宝で高橋ヨシキさんが去年のベストにあげていたので超期待して初日初回のシネコンで観ました。なぜかじいさんばあさんがたくさんいました。

とてもかっこいいクールな映画でした。
お話はよくある感じですが、主人公がシブくて強くて女に奥手、さらにその車の腕を見込まれカーレースデビューを控えているという着てるジャケットはイマイチだけど信頼できそうなな男。ライアン・ゴスリングは『ブルーバレンタイン』はそうでもないけど『ラースと、その彼女』は大嫌いな映画なのでぜんぜん違って見えて意外でした。
惚れた女役がキャリー・マリガンでキャリーさんも主役のドライバーさん同様あんまりセリフなくてうっとりした表情とか鼓動の早さでドキドキを表現しててすげーなと思ったら、自分の旦那を見る目も同じだったので騙された!と思いました。
悪役も含め、横顔のアップが多用されてて顔で演技してるのがよかったです。キャリーさんの小顔さとロン・パールマンのバカデカさがすごくて同じフレームにはまって欲しかったですね。

そういう細かいカッチリした演出とは逆にバイオレンスシーンが突き抜けててものイビツなくらいアクセントになってます。トム・サヴィーニみたいな頭部弾着、『アレックス』の消火栓ラッシュを彷彿させる顔面破壊、『デスプルーフ』的車アタックなどブチあがりました。
その分ラストがあっさりで肩透かし、でもシブくてクールです。『アジョシ』より自分に酔ってるヒーローっぽさがなくて好感が持てました。同情無用。

結局キャリー・マリガンの男を選ぶ目が無さ過ぎて色んな人が死んだり大変な目に遭ったりカーレースの夢も潰れたのでエレベータであの恐怖のストンピングを見せ付けたのかなぁとボンヤリ思いました。あのストンピングマジアタマオカシイ...

秘宝やムックでヨシキさんが書かれてるように日本公開がほとんどされてないニコラス・ウィンディング・レフン監督ですが、4/7から渋谷ヒューマントラストシネマで『ヴァルハラ・ライジング』('09)がかかるみたいなのでぜひ観に行きたいところです。

12033310.jpg

コメント

コメントの投稿


管理者にだけOK

【お願い】
・テンプレートに関するご質問をされる方は、必ず「質問の心得」をお読み下さい。

 プロフィール 

junpa1

Author:junpa1
ミコンの町から


↑クリック
flying gecko fun
(ヤモリ・カエル飼い)

 Free AREA 

    follow me on Twitter

     月別アーカイブ 

     フリーエリア