r

CANDLE OF THE DEAD

卑屈で後ろめたい日々のカリソメ・ブログ

--年

--月--日

(--曜日)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年

03月07日

(水曜日)

『ゾンビアス』

武蔵野館の係員に「おたくの劇場はマナー喚起についてどのようにお考えですか?」と聞きたい気持ちを抑え、ウーイーのパンフも買わずダッシュでシネマートへ。

スーパーモデルご用達のダイエットに効くサナダムシをゲトりに田舎に来た若者達がぼっとん便所から湧き出た汚物ゾンビに襲われつつやばいサナダムシの謎に迫ったり過去の自分と決別したりするスプラッターアクション。
去年は富江、ザボーガーとすごかった井口監督。久しぶりに振り切ったゲスい路線です。

井口監督と西村監督はサービス精神に溢れた作家性がとても似てると思うのですが、井口監督の作品は女の子の仕草がよりキュートだと感じます。女の子の演出のつけ方がそのまま監督の物マネをやらせるという手法をとっているらしく魅力をがっつり引き出してます(たぶん今回も)。
今作もメインで4人のカワイ子ちゃんが出ます。それぞれ体張ってていいキャラクター。相変わらずアクションもかっこいいし、タイトルどおりケツ芸に浣腸、触手攻撃、まさかのびっくりおっぱいも。あ、あなたが出すんですか...。
特によかったのが、寄生虫博士(?)の娘役の優希という人。ザボーガーの秋月みたいに強烈な存在感がありました。台詞回しがカッコイイ顔もかわいいです。
パイオツカイデーな子がアスな姿勢のせいでゾンビ化してからおっぱいが見えなくるのがとても残念でした。

ゾンビはただのヤラレ役でゾンビ映画的なドラマはあまりないですが、ラストは井口監督らしい若干薄めながらも爽やかな感動があります。キン肉マン。
比べるものじゃないかもだけど自分は親子が熱くぶつかり合う西村監督の『ヘルドライバー』の方が好きですねー。男が喜びそうな画がいっぱいなんだけど『富江アンリミテッド』同様、女性に寄ってる印象を受けました。あとあまりCGに頼らないぶっ飛んでるマシンガールのファイナルバトルみたいのをまた見たいです。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけOK

【お願い】
・テンプレートに関するご質問をされる方は、必ず「質問の心得」をお読み下さい。

 プロフィール 

junpa1

Author:junpa1
ミコンの町から


↑クリック
flying gecko fun
(ヤモリ・カエル飼い)

 Free AREA 

    follow me on Twitter

     月別アーカイブ 

     フリーエリア 

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。