r

CANDLE OF THE DEAD

卑屈で後ろめたい日々のカリソメ・ブログ

--年

--月--日

(--曜日)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年

02月23日

(木曜日)

『生きてるものはいないのか』

胡散臭い都市伝説が有名な病院付きキャンパスで人がバタバタ死んでいく群像劇。
レイトショーの『NINIFUNI』までの空き時間潰しで観ました。でも映画秘宝DEVILPRESSのトップで取り上げられたしちゃんと期待してましたよ。

演劇的な掛け合いで聞いててイライラする会話劇(ズレズレなアフレコ)。特に都市伝説研究サークル3人組と結婚式の出し物打ち合わせ3人組がかなりしんどかったです。ファンカーゴのCMみたいで早く全員死ねと思いました。途中、飲んでた"世界のキッチンから"シリーズ「ふんわり薫る柑橘ジャスミン」の成分表見てました。
で実際にいろんな人間の今際の際をたくさん見せられるわけですが、あんまり感情移入できないキャラばかりなのでなんとも思わないしギャグにもなってない(客席から笑いは漏れてた)。「電車の人身事故が起こると自殺した人に思いを馳せるんじゃなく電車遅延を嘆くクールな現代日本人...。これはあなたの心を映した鏡なのです!」的なのやりたかったのかな。
途中から自分が死ぬことや親しい人が死ぬ恐怖より、1人になることへの恐怖になっていくように見えましたがそこもただぼんやりと寂しいという理由で切実さが伝わらないので「はぁ~、そうですか~...」としかいいようがなく乗れなかったです。つまんないキャラクターばかりで、この世の終わり的味付けの濃い狂人の出現や、守るものがある強い人間を出すと普通の話に成り下がるのであえて避けているように見えちゃいました。入院患者の女は惜しいようでそうでもない。死んだ美人にチューしようとするシーンがありましたが、実際あんなもんなんですかねー。金払ってスクリーンで観たいのは死姦です。
ということで自分にとってはパンクでもギャグでもなんでもなかったです。


関係ないけど貼っておきます。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけOK

【お願い】
・テンプレートに関するご質問をされる方は、必ず「質問の心得」をお読み下さい。

 プロフィール 

junpa1

Author:junpa1
ミコンの町から


↑クリック
flying gecko fun
(ヤモリ・カエル飼い)

 Free AREA 

    follow me on Twitter

     月別アーカイブ 

     フリーエリア 

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。