r

CANDLE OF THE DEAD

卑屈で後ろめたい日々のカリソメ・ブログ

2012年

02月08日

(水曜日)

『セルビアン・フィルム』

「やった女はみんな妻になりたがった」という伝説の元ポルノスターが愛する家族を養うため大金欲しさに怪しい撮影現場へ誘われるがままに行ったらそこは暗黒の世界でしたという話。

あまりのエグイ描写のせいで輸入盤でもカットされたシーンがあるのに、(モザイク修正があるとはいえ)ノーカット版がスクリーンでかかってるというわけで行ってきましたシアターN渋谷。

すさまじい変態鬼畜トーチャーポルノで、劇場の断り書きにも「倫理的にも表現的にも最悪な描写がふくまれている」とあるとおり、すごいものが見れるんですがかなり荒いモザイクによる修正でわかってたとはいえ残念。1番酷いと思われる妊婦のやつは劇中でビデオ再生される元々ボケボケした場面なのでもう少しなんとかならなかったのかなぁと。
でもヤク中、歯抜き、首チョンパなどなどてんこ盛り(もちろん全部ファック付き)、要所ではちゃんと笑えるよう工夫されてる親切設計。こういう内容での第三者のリアクションはとても大事。「ヒャッハー!新生児ポルノだよ!」とか「これこそ映画だ!ウキー!」という大絶叫大変楽しかったです(両方同じ人物が言う)。あの『マーターズ』にはそういうの無いですもの。

ショックシーンだけじゃなく脚本も意外と秀逸といろんなところで見かけましたが、たしかに話スカスカではなかったです。でもそんな気全くなかったのにラスト手前は読めちゃったなー。あとコンビニとか道端自慰などダレダレで要らないと思うシーンがあったのでもう少しテンポよくして欲しかったです。クスリでラリって時間軸グラグラのトリップ感覚を出すならなおさら読ませちゃだめです(オチは「YEAH!!」って感じでよかったです)。トレーニング&座禅とアニキとのカットバックは微妙過ぎて笑うところなのか迷った。それから音楽の相性がイマイチ。ああいうの流行なのかな。

とうるさい文句もありますが、ドデカイインパクトを持った語り継がれる1本だと思うので是非是非映画館で。面白いレイプシャワーもあるよ!感想書いてたらもう1回観たくなってきた!
「うひょー!!これがセルビア一家だ!」

12020801.jpg





コメント

コメントの投稿


管理者にだけOK

【お願い】
・テンプレートに関するご質問をされる方は、必ず「質問の心得」をお読み下さい。

 プロフィール 

junpa1

Author:junpa1
ミコンの町から


↑クリック
flying gecko fun
(ヤモリ・カエル飼い)

 Free AREA 

    follow me on Twitter

     月別アーカイブ 

     フリーエリア