r

CANDLE OF THE DEAD

卑屈で後ろめたい日々のカリソメ・ブログ

2011年

11月27日

(日曜日)

TRASH-UPLINK!! vol.5

新しい号が出るたびにどんどんデカく分厚くなっていき益々読みきれないトラッシュカルチャー雑誌「TRASH-UP」がアップリンクでやるイベントに初めて行ってきました。中短編6本&映像みながらのトークで1ドリンクとポスターが付いて映画1本分の値段。お得!自分はアップリンクではグァバジュースばかり飲みます。


『わたしの赤ちゃん』
おろちの姉妹みたいなドロドロした話。いやーなどんよりした雰囲気なんですが衝撃の階段落ちで爽快な気持ちになれました。

『大拳銃』
傑力珍怪に続き2回目の鑑賞。展開がわかってたので細かいところまで観れました。タイトルロゴが恐ろしくカッコイイです。

『ともだち』
平山夢明先生のいつも話してるみたいなマジキチが怖面白かったです。体当たり演技に感動しました。結構なフルチンシーンがあって、小さい女の子(別作品の子役さん)が母親と観てたけど、とくに目を背けさせたりしてなかったです。

『電撃』
キム・ギヨン下女みたいな話。家政婦さんと腹違いの妹が色男を取り合います。ギヨンさんは「女ってサイテー!」って感じでしたが、こちらは「男死ね!くそが!」ってのがビシバシきてました(女性監督)。のっけの自転車アクションとラストの衝撃は忘れられない。妹さんは高校教師の桜井幸子を彷彿とさせてとてもよかったです。

『廃棄少女』
今年のカナザワ映画祭のビジュアルみたいな世界で少女達が頑張るアクション映画。音楽と画がカッコイイ。アクションの凄さや殺陣のつながりを魅せるというより、複数のファイナルガールが生きるために化け物をやっつけるスラッシャー映画のクライマックスみたいな印象を受けました。是非長編で観たいです。タイトルデザインやばい。


『ENCOUNTERS』
オーマイキー!風の人形劇(ミニチュア)。すごいウケてて最後拍手が起こりました。ずーっと声上げて笑ってるお客さんがいて自分は途中からちょー冷めてしまいした。


『ともだち』の継田監督が欠席でしたが、上映後監督挨拶があり、カナザワ映画祭で大変話題になった大畑監督の『へんげ』が春くらいにシアターNで上映決定!『先生を流産させる会』『廃棄少女』の内藤監督の次回作は『お兄ちゃんに近づくな、ブスども!』というタイトルでMOOSIC LABでかかるそうです。

いままで音楽と映画イベント混ぜてやってたそうですが、今後は分かれて開催で映画イベント次回は1月。次のラインナップも楽しみです。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけOK

【お願い】
・テンプレートに関するご質問をされる方は、必ず「質問の心得」をお読み下さい。

 プロフィール 

junpa1

Author:junpa1
ミコンの町から


↑クリック
flying gecko fun
(ヤモリ・カエル飼い)

 Free AREA 

    follow me on Twitter

     月別アーカイブ 

     フリーエリア