r

CANDLE OF THE DEAD

卑屈で後ろめたい日々のカリソメ・ブログ

--年

--月--日

(--曜日)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年

11月03日

(木曜日)

エビ中@ジャム

@新木場スタジオコースト、私立恵比寿中学アウェー現場です。
出演者がパッとしない面子&高い入場料で客入りもイマイチ。そういう自分もギリギリまで迷って「やっぱ観れる今のうちに観るしかないでしょ!」と当日券で入りました。

男性バンドグループからステージを引き継いだエビ中は、『キャッ○アイ』杏里オープニングからの瑞季&ぁぃぁぃのアクロバットコンビが登場!メイクは劇団四季キャッツ風の3パターン(白塗り)。曲のサビで音が止まり、猫耳ブチアガリ曲"売れたいエモーション"で幕開けです。センター美怜ちゃんだけは白塗だけど笑顔が弾けてるのがハッキリわかりました。

賛否の分かれたTIF2011のメインステージでのキョンシーメイクでのパフォーマンスは残念ながらイベントに行けず見れなかったんですが、こないだのワンマン後夜祭でその映像が見れました。個人的には超アリでヤヴァかったです。
せっかくの大舞台で外への絶好のアピールチャンスをフイにした、単純にもっとまともでかわいい表情のメンバーが見たかった、てのも当然わかるんですが、普通の結果を狙わず邪道に走るのは大歓迎。それでメンバーの気持ちに迷いとかあったらイヤだけど最近ゴリ押しの「エビ中というジャンル」と割り切って考えてくれてたらいいなぁと。ももクロ姉さんみたいにこれみよがしじゃないと思うし、少なくてもペラッペラなご新規さんは寄ってこないんじゃないかなぁ。こないといいなぁ。どうなっちゃうのかなぁ。

で、ライブは3曲→自己紹介(短縮ver.)→3曲という超タイトな30分。過去対外戦のフリージアduo、秋三asia、ガールズなんとかO-East時より着実に戦闘力が上がってます。ティッシュばら撒きがなかったのもふざけるのはメイクだけで大真面目で殺しにきたフウに感じられました(外ではなくエビ中ファンに向けて)。
特典会終了後、真山さんが挨拶しました(リーダー・ザキミヤが体調不良で特典会不在)。「こういうイベントにもいつもの皆さんが足を運んでくれて本当にありがたいです」みたいな感じのことを白塗り猫メイクで真剣に言ってました。とても伝わりました。

この日はAZUMA HITOMI→でんぱ組inc.→momo→エビ中、で帰りました。安全靴みたいな堅そうなの履いたジャンパーが多くて怖かったです。AZUMA HITOMIはかなり好みの音でした。




コメント

コメントの投稿


管理者にだけOK

【お願い】
・テンプレートに関するご質問をされる方は、必ず「質問の心得」をお読み下さい。

 プロフィール 

junpa1

Author:junpa1
ミコンの町から


↑クリック
flying gecko fun
(ヤモリ・カエル飼い)

 Free AREA 

    follow me on Twitter

     月別アーカイブ 

     フリーエリア 

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。