r

CANDLE OF THE DEAD

卑屈で後ろめたい日々のカリソメ・ブログ

--年

--月--日

(--曜日)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年

09月11日

(日曜日)

『インシディアス』

ある一家が引越した先でいろんな怪現象が起きた挙句、子供が怪我して昏睡状態になっちゃったので、宜保愛子的な霊能者っぽいおばさんが適当に解決しようとしたりする話。

ありふれたプロットですが、中盤に出てくる宜保愛子的な人がお化けの存在や退治の仕方を一切合財説明するため、ミステリー要素が完全にぼやける。そこから一気に頭をまったく使わないでいいアトラクションムービーに変わった感じがしました。気持ちよく動くカメラワークにどっきりショッカーシーン、ベタなヒステリック効果音など画面と音に身を任せて安心して観てられる快感。お化け造形と動き自体はお化け屋敷みたいに単純なものであまり怖くないんだけど、見せ方の演出が大変グッジョブです。

愛子おばさん役は『2001人の狂宴』でノリノリで若者をぶっ殺してた人なので、いきなりヘンなガスマスクを装着したときはお化けもろとも全員毒殺するんじゃないかとちょっと期待しちゃいました。
あとお化けを信じてないお父さんが、愛子おばさんをバカにして追い出しちゃうのですが、昏睡子供が描いた絵を見てすんなりお化けの世界に納得しちゃうのがちょっと安易過ぎて笑った(『放送禁止』?)。まさか!と思わせる、まんま『新耳袋』の「水辺の写真」風なところも含め、個人的に楽しいアプローチでした。

高校生は千円で観れるキャンペーンでうるさい厄介ピンチケくんが多いかもですが、「何ビビってんだよ」とか言い合ったり、上映後も「意味わかんね!」「はいはい、怖い怖い」と強がって見せてたりしてリアクションが面白かったです。
ということで、子供から大人まで安心して怖がれるおすすめ映画。ぜひ映画館で!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけOK

【お願い】
・テンプレートに関するご質問をされる方は、必ず「質問の心得」をお読み下さい。

 プロフィール 

junpa1

Author:junpa1
ミコンの町から


↑クリック
flying gecko fun
(ヤモリ・カエル飼い)

 Free AREA 

    follow me on Twitter

     月別アーカイブ 

     フリーエリア 

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。