r

CANDLE OF THE DEAD

卑屈で後ろめたい日々のカリソメ・ブログ

2011年

07月29日

(金曜日)

『ヘルドライバー』

夕張から黒い灰が舞い、それが原因で北日本がゾンビだらけになっちゃったので日本を壁により南北で分断。政府の死刑囚ゾンビハンターが北に乗り込む話。

SUSHI TYPHOONまつり初日4本目の大トリ。全部舞台挨拶付きだし4本観たかったんだけど、都合により『ヘルドライバー』1本だけ観た。1本で十分満足。というより全然消化しきれてません。前作『東京残酷警察』以上にずっとハイテンションな見せ場の連続、クライマックスが3回くらいあってとにかく疲れた。タイトル出るまでですでにそのへんのしょぼいゾンビ映画3本分は軽くありそう。ということで、1週間で3回観ましたYO!

ゾンビの設定が死者が蘇ったんじゃなく感染者的な存在で『ランドオブザデッド』以上に人間寄り。しゃべるのもいれば痛みも感じるしチェーンソー使うのもいる。で1番オリジナルなところは、頭にメロンのヘタみたいな角がはえているところ。このツノは未知の成分が含まれていて、発光したり麻薬みたいにつかえたり刺激を与えると爆発するというすごい設定。大量の発光したゾンビが地平線にぼんやり浮かび上がる画や、花火のような大量のゾンビ生首爆弾、ゾンビ車の爆発推進など、このツノが活かされまくってます。カッコイイ。

あと噛まれても増殖しないけど、すでに『ザ・ホード』もビックリな増える必要の無いほどのゾンビがいるっていうのがすごい。新しいです。でも大ボスゾンビはもっと守られるべき存在のはず。自分の重要性を理解してないか、もしくはキメラアントの王みたいに自由なんですかね。
で、いろんな師団長クラスのゾンビが出てきますが、穂花扮する花魁ゾンビがステキ。登場シーンの曲が犬神サーカス団で『残酷警察』の母檸檬並のインパクトです。ロビーで流れてたメイキングでも檻の上でコケてたり血まみれになるゾンビ見て大笑いしてて大変かわいかった。Jファクトリーさん、是非フィギュア化お願いします。

対するゾンビ討伐隊の主人公キカは人工心臓で、日本刀チェーンソーを駆動させるマシンが胸についてるのでシルエットが巨乳になってバッチリです。でも『残酷警察』のルカみたいに痴漢されたりエロエロアングルがなかったのが大変残念。でも冒頭の血のりがハンパない心臓抉り取りシーンはなんか興奮しました。
セリフは少なめだけどいろんな表情が見れて、特にラストのちょっと泥臭いキャットファイトは西村監督らしくない感じなのにグッときました。あの母子関係は『冷たい熱帯魚』とも通じるところがある気がします。仕向けてむきださす。

毎度毎度のリストカットが今回もチラッとあったんですが、どんな意味が込められてたのかよくわからなかったです。あの子は弱いなりに一人ぼっちで耐えてサバイブしてきたってことかなぁ。

『東京残酷警察』同様、続編があるのか気になります。とその前にスピンオフが3本作られるみたいですよー。


110729002.jpg

110729001.jpg
花魁ゾンビ。特技:殺陣、鬼ダッシュ。ドグちゃんの妖怪マークみたいのがあります。

110729003.jpg
ツノで商売する組長さん。もっと活躍して欲しかった美人さんです。


11072300.jpg
初日舞台挨拶。スシタイフーンはマスコミ以外も撮り放題!

コメント

どうもです。
僕は残念ながらこの映画ダメだったんですが、クライヴ・バーカーの「丘に、街が」を思わせるゾンビの山(というか◯◯)は凄かったですね!

同じくスシタイフーン作品で山口監督の「極道兵器」もかなり凄い作品でした!

Re: タイトルなし

パワフルな見せ場の連続だったのでもっと緩急があれば一つひとつのインパクトも大きかったのかなと思います。
残酷警察のほうが洗練されてた印象でした。
CGとはいえとんでもないゾンビ数でしたね。冒頭のゾンビタワーに車が飛んでくるとかありえない発想です!
生首花火は夢のような光景でよかったです。

スシタイフーン祭りはまだ1本しか観てないんですが、来週の『DEAD BALL』に期待してます。

いつも拝見させていただいております。
またおじゃまします。

コメントの投稿


管理者にだけOK

【お願い】
・テンプレートに関するご質問をされる方は、必ず「質問の心得」をお読み下さい。

 プロフィール 

junpa1

Author:junpa1
ミコンの町から


↑クリック
flying gecko fun
(ヤモリ・カエル飼い)

 Free AREA 

    follow me on Twitter

     月別アーカイブ 

     フリーエリア