r

CANDLE OF THE DEAD

卑屈で後ろめたい日々のカリソメ・ブログ

--年

--月--日

(--曜日)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年

07月02日

(土曜日)

『127時間』×『ムカデ人間』

渋谷シネクイント2本立て

『127時間』
都会人が遊びなれた山で調子こいてたら、事故って身動きできなくなっちゃって超メンドクサくなる話。
なんかすごい説教くさい内容でガックリきちゃいました。

主人公が孤独を愛し大自然に出かけリフレッシュする人間なくせに、ペダルに反射板がついてるようなチャリンコで本気さを感じないし、ノーヘル&ノーグラブという山を舐めきった有様。真面目に遊んでないんですよ。そういう姿勢だからあんな目に遭ってもまぁしょうがないし、つまんない事故で死んだりしたら、きちんとその山で遊んでる人がクソなルールで締め出されたりで周りが迷惑するだけなので、エクストリームスポーツに本気だったことがある人にとって見ていて大変腹立たしいわけです。
で、人とのつながりって大事だし、それって超幸せなことですよねっていう結論にもっていくのでマジどうでもいい感じになります。
山なめんな!ばーか、ばーか。毎回家を出るとき「もうここには戻ってこれないかもしれない...」っていう覚悟をもってやれ。相変わらず音楽もうるさいだけ。ダニー・ボイルだめだ。
と腐りながら観つつ、最後らへんの心配して人が駆け寄ってくるところではウルウルきたのでした。あんなふうに咄嗟に手を差し伸べられる人間になりたいです(単純)。
あのオナニーしちゃおうかな描写って原作にあるのかな。すごい気になったのでちょっと立ち読みしてみます。

110703_01.jpg




『ムカデ人間』
シャム双生児セパレート専門外科医の博士が、切り離すんじゃなく人と人とを繋げたくて頑張る話。

旅先で調子こいた女2人が冒頭で、同じ部屋にいるのにお互い友人に電話してたり、アホな理由で子供みたいに大ゲンカして2人の薄い友情感を出してます。
そんな2人の身体をムカデ人間として合体させて、最後はウンコ食いながらも励まし合うぐらい濃密な関係になるんだから、このキチガイ博士はいいことしたんですよね。ムカデ人間ができあがったときは本人も歓喜の涙流してたし、お客さんも大爆笑でとてもよい時間を過ごせました。
ムカデ人間の頭役がヤクザな日本人で、頭の悪いオーバーアクションで楽しませてくれます。凶悪な博士に支配された陰惨な雰囲気をぶっ飛ばせそうな突き抜けた明るさがあってよかったです。
撮影期間中も博士役の人は役に入っちゃっててずっとあの調子で超怖かったと、ヤクザ役の方が上映後のトークで言ってました。
最後は予想以上に物悲しい暗い感じで終わっちゃうのが勿体無い。『P2』みたいなアホで心温まるスライドショーエンドロールでもあれば満足度があがったのに。
『1』では隠してたエグイ直接描写もガン見せらしい続編も来年頭くらいにサクッとかかるのを期待。でも意外と『1』は高く買ったんだそうです。

11070200.jpg

11070333.jpg
ゾンビみたいガラス扉かと思ってたこのジャケは下から撮影してるとのこと。膝壊されてるから起きあがれない設定です。

IMG_2229.jpg



不謹慎だと非難ごうごうな映画『ムカデ人間』がまさかの大ヒット!?劇場は超満員スタート!つながって来場しムカデ割引を受けた人も!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけOK

【お願い】
・テンプレートに関するご質問をされる方は、必ず「質問の心得」をお読み下さい。

 プロフィール 

junpa1

Author:junpa1
ミコンの町から


↑クリック
flying gecko fun
(ヤモリ・カエル飼い)

 Free AREA 

    follow me on Twitter

     月別アーカイブ 

     フリーエリア 

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。