r

CANDLE OF THE DEAD

卑屈で後ろめたい日々のカリソメ・ブログ

2011年

06月16日

(木曜日)

『レイキャヴィク・ホエール・ウォッチング・マサカー』

アイスランドで捕鯨ができなくなっちゃった一家3人が、のん気に鯨を観に来たアホどもを捕鯨船上で血祭りにあげるアンチ『ザ・コーヴ』映画。

観光船の船長さんを襲う不慮の事故がマサカーのトリガーになるんですが、まずそのトラブルっぷりにぶっこ抜かれガン上がり。ウヒョー!
マサカー開始一発目も、音楽の不穏さが超絶に素晴らしく、船長さんのそれを軽く超える衝撃のシーケンスでぶっ飛ばされレッツ、マサカー!馬鹿でかい捕鯨砲の銛アクションの撮り方がすんごいかっこよくてうっとりため息。顔面が大変なことになる信号弾アタックも\ヒャッハー!/でした。
こないだ観た香港マンションマサカーよりゴア度低いが、圧倒的に殺害アタックがアガる。みんな頑張ってた。一人イディオッツの演技もよかった。

先の読めないサヴァイブ感、観光客同士でロマンスが生まれたりだとか、裕木奈江演じるメイドの立ち居地の不明さ等々、客を裏切りまくる文法無視な不条理なギャグが『フィースト』っぽいノリ。6組の乗客が力を合せたりしないのがリアル。
「鯨観光なんてバカげてるよ」といきなり安全なところにいる人間の説教シーンがカットバックで入ってきたり、「何だ今の?なんかの伏線?」と思わせるすごい短いシーンがあったりで意外と頭を使いつつ、ダレ知らず。最後の馬鹿エンディング曲までウキウキが持続して大変楽しかったです。あとグッと盛り上がる音楽の使い方が秀逸だと感じました。

こんなビデオスルーされそうな作品を配給していただいた上に、あの裕木奈江を(強引に)呼んでいっぱいしゃべらせるトークイベントまで開催されて、もうアップリンクさまには感謝という言葉しかありません。
ホエールウォッチングなんかには一生行かないと心に誓いました。だって調子こいたスゲーうぜーフランス人とかいるんでしょ?
インスマウスっぽいと一部で評判の『ザ・コーヴ』もホラー映画として併せてチェックしたいと思います。冒頭の鯨解体映像もいい勉強になりました。超すごい大傑作!

110616_2.jpg

コメント

コメントの投稿


管理者にだけOK

【お願い】
・テンプレートに関するご質問をされる方は、必ず「質問の心得」をお読み下さい。

 プロフィール 

junpa1

Author:junpa1
ミコンの町から


↑クリック
flying gecko fun
(ヤモリ・カエル飼い)

 Free AREA 

    follow me on Twitter

     月別アーカイブ 

     フリーエリア