r

CANDLE OF THE DEAD

卑屈で後ろめたい日々のカリソメ・ブログ

2011年

03月26日

(土曜日)

『ビー・デビル』

『冷たい熱帯魚』同様、去年のフィルメックスで観て、またすぐ観たい!と思った極上韓国バイオレンス。
 →初見時の簡単感想

表向けのテーマは「イジメを見て見ぬフリはよくない!困っている人に手を差し伸べよう」という文字にするとACのCM級に薄っぺらく、余計なお世話だバヤロウなことになっちゃうところ。でもイジメ対象の説得力がバッチリなので超重くのしかかります。ああいうドン臭いの絶対クラスに1人はいる。

で自分がとても惹かれたのはネチっこい首チョンパや男たちのゲスさでもなく、『ハイテンション』、『マーターズ』に見られる女同士(片方)のガチな愛情の凄まじさ。
『ハイテンション』はスラッシャー映画の皮をかぶった壮絶に悲しいラブストーリーで『ビー・デビル』同様、相手にグサリと拒絶されてしまう姿が涙を誘います。『マーターズ』は弱い友達を守りたかったがために怪しい組織内で最低最悪な目に遭うも、最後まで原因になった友達をまったく恨むそぶりがない。現状を呪わない。唯一の存在だからただすがりたかっただけなのかも。かっこよさとは違う他の誰にも向かないちょっと不気味な偏愛を感じます。このへんはジョニー・トーとかの男のキャッキャ映画とちょっと違う味わい。女の激情はかっこ悪いのがよいです。

孤島でいたぶられながらも逞しく生きてきたボクナムに感情移入して超可哀想と思うと同時に、自分がヘウォンだったら道端で猫の轢死体を見たような表情で、傍観者にすらならないのかも。わざわざ昔の楽しい記憶を呼び覚ますんじゃなく突発的に動けないとねぇ。
『ハイテンション』のキチガイ超怖ぇー的な終わり方も好きだけど、こちらはもっと進めたエピローグがついて気持ちよく終わります。でもあの女体が島シルエットに重なるのはダサ過ぎないすか??

IMG_1246.jpg


コメント

コメントの投稿


管理者にだけOK

【お願い】
・テンプレートに関するご質問をされる方は、必ず「質問の心得」をお読み下さい。

 プロフィール 

junpa1

Author:junpa1
ミコンの町から


↑クリック
flying gecko fun
(ヤモリ・カエル飼い)

 Free AREA 

    follow me on Twitter

     月別アーカイブ 

     フリーエリア