r

CANDLE OF THE DEAD

卑屈で後ろめたい日々のカリソメ・ブログ

2011年

03月01日

(火曜日)

『その街のこども』

子供の頃に体験した大震災がトラウマになってる男女が、ひょんなことから追悼式前日の夜道をしゃべくりながら歩きまくるロードムービー。
震災を体験したことがなく、実際に被災した身近な人に話を聞いても「結局自然災害だし、もし起きたら逆に世紀末感が味わえて楽しそうかも」とぼんやり不謹慎なことを考えてる自分なので、この超大絶賛されてる映画で自分の中のヘボイ何かが少しでも変わるんじゃないかと素敵なサムシングを期待して観た。

が、モリミラが上司の津田寛治のムチャ振りされたり、サトエリの逆ナンというコメディ感あふれる導入部こそニヤニヤして観れたけど、よーくある女の後先考えないイヤなブチキレ拒絶からの、お互い気まずい雰囲気なのにグダグダと一緒にいる感じとかもうイヤだった。でロードムービーのくせに何も起こらない。後半のサトエリが喚いてるあたりでどうでもよくなったのかすっかり寝てしまい、どうやら多くの人がハイライトにあげてるっぽい手を振るじいさんあたりで起きた。サトエリのわがままなウザキャラに魅力を感じないので、あの2人で夜道を歩くというシチュエーションを全くうらやましく思えなかったのが敗因です。音楽もあざとさを感じ自分には合わなかった。チーン。

いやー、しかし、自分がブチギレたことをうやむやにする女ってなんでこんなにイラつくんだろ。キレられたほうとしては怒った理由を尊重しているからこそあえて距離をおいてあげてるのに、何事もなかったかのようにテキトーなこと言って寄ってきやがる。そのくせ「(男関係が)うまくいかないなー」とかしみじみ言いやがるんだよ!そんなの当たり前だよ!「絆」が大事ならちゃんとやれ!ばか!ブチギレたことに全然覚悟がねぇのがムカつくんだよ!
とか言うとみんなにすごく嫌われます。えへへッ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけOK

【お願い】
・テンプレートに関するご質問をされる方は、必ず「質問の心得」をお読み下さい。

 プロフィール 

junpa1

Author:junpa1
ミコンの町から


↑クリック
flying gecko fun
(ヤモリ・カエル飼い)

 Free AREA 

    follow me on Twitter

     月別アーカイブ 

     フリーエリア