r

CANDLE OF THE DEAD

卑屈で後ろめたい日々のカリソメ・ブログ

2011年

02月03日

(木曜日)

『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん』

幼少時、一緒に誘拐監禁されひどいトラウマを負った幼馴染が再会、奇妙な共同生活スタートがはじまるも、その町では連続殺人と小学生誘拐事件が発生しているのだった、という話。

去年のバウスシアター爆音映画祭で偶然観てぶっ飛ばされた『彼方からの手紙』の監督のメジャーデビュー作ということで観た。『彼方~』は、ストーリーも意図もよくわかんないけど兎に角凄まじい映画体験で、即DVDをゲトって観かえしたくらい印象的で味わい深い作品でしたが、今作も滅茶苦茶やってる。

誘拐犯が監禁されすっかり汚くなってる子供にホースで水をぶっ掛けたり、子供に子供の殺害を命じたりするド陰惨なシーンと、感情が無いみーくんとヤンデレまーちゃんが織り成すポップでどこかファンタジックな淡い画のコントラスト。空を飛んだり大量の風船が投入されたり、とても気持ちいいのです。『空気人形』みたい。ずっとコンビでやってるらしい木下美紗都のふわふわしてる音楽もぴったりでサントラ聴きまくりっす。

映画とかでヒステリックに壊れた女の人が出てくると不快すぎて「どうでもいいからささっと黙ってくたばれ」と思う場合と、一気に引き込まれて何とか感情移入への糸口を勝手に想像したりしますが、このまーちゃんは後者。精神的に危うい状態になっているときはかわいそうで泣けてきます。昔の柴咲コウ似。みーくんがほっとかないのもよく理解できます。
で、みーくんのほうは何か言った後に観客に向かって「嘘だけど。」と付け加え、本音を誤魔化すので何をしたいのかがわからない。結局本人もよくわかってないみたいで、まーちゃんに拒絶されると飄々と平気で飛び降り自殺を図る空っぽぶり。そのくせ厭味がなくいい積極性を見せ憎めない。そんな彼が周りの大人たちに手を差し伸べられながら心を手に入れる物語、と書くと陳腐だけど見せ方が黒沢清監督曰く「孤高」なので、いつまでも頭がグルグルします。

『告白』の決め台詞「なんてね。」は大キライだけど、こちらの「嘘だけど。」の使い方は後半とても楽しかった。『ファニーゲーム』の2人みたいに観客にじゃれてくる様。
しかし今年は観終わった後、頭がグルグルする映画しか観てないな。グルグル...

1102030.jpg

コメント

コメントの投稿


管理者にだけOK

【お願い】
・テンプレートに関するご質問をされる方は、必ず「質問の心得」をお読み下さい。

 プロフィール 

junpa1

Author:junpa1
ミコンの町から


↑クリック
flying gecko fun
(ヤモリ・カエル飼い)

 Free AREA 

    follow me on Twitter

     月別アーカイブ 

     フリーエリア