r

CANDLE OF THE DEAD

卑屈で後ろめたい日々のカリソメ・ブログ

2010年

12月27日

(月曜日)

『ばかもの』

童貞大学生がひょんなことから出会った年上女と付き合い、振られアル中になってしまう話。
自分が中高生の頃よく洋服を買いに出かけた、観音様が見下ろす群馬県高崎市が舞台。『サイタマノラッパー1&2』でも無かった、ほぼ標準語なんだけど微妙に外れてる「~だんべぇ」「~なん↑?」「~じゃねぇん↑」を多用してて元ほぼ地元民としてはとても恥ずかしくてもじもじしてしまいました。実家帰るとあんな言葉づかいだよ。
で、それ以上にもじもじしたのがセックスシーン。主人公が真性アル中になる前の前半部分は内田有紀→白石美帆とやりまくる&やったあと場面が多く、特に白石美帆と付き合うきっかけとなる初セックスに突入する直前の感じがとてもリアルで「うわー!!」となります。恥ずかしい。そしてエロ。みんなあんな感じなのか?奥手の男でも「いける」と思う瞬間がすごい出てます。
で特別な不満や不安があるでもなくアルコールにすっかり溺れ、無自覚に暴力を振るった彼女に逃げられ会社は無断欠勤連発なうえ生ゴミ呼ばわりで自主退社、家族には勘当。お昼の再現ドラマのような廃人街道まっしぐら。
ここの恐怖のアル中描写はもっと冷蔵庫がすげー襲ってくるとかギャグすれすれまでガンガンやってほしかったです。実際は飲酒運転で豪快に事故ったり、うなされてパトランプが回るだけ。
終盤は上京した女友達(エロイ中村ゆり)が新興宗教の修行でエライ目に遭ったりと、ケータイ小説みたいにヘンに収束、ドラマチックさに欠けるのでイマイチでしたが、片腕白髪ガールになった内田有紀と再会し悌毛してあげるところはちょっとびっくり。
年上っぽい女の人に殴られたい人は観たらいいと思います。自分も目の覚めるような強烈なパンチ喰らいたい。でもある程度理にかなってないとだめです。いきなり「このゴミムシ野郎が!!」とかはありです。

近くの席にすげー泣いてるっぽいおじさんがいた。アル中出身だったのかなぁ。

10122703.jpg

コメント

コメントの投稿


管理者にだけOK

【お願い】
・テンプレートに関するご質問をされる方は、必ず「質問の心得」をお読み下さい。

 プロフィール 

junpa1

Author:junpa1
ミコンの町から


↑クリック
flying gecko fun
(ヤモリ・カエル飼い)

 Free AREA 

    follow me on Twitter

     月別アーカイブ 

     フリーエリア