r

CANDLE OF THE DEAD

卑屈で後ろめたい日々のカリソメ・ブログ

2010年

12月17日

(金曜日)

『トロン:レガシー』

近所のシネコンに新しいハリポタ公開と同時でIMAXが導入され、それ以来初IMAX体験を心待ちにしてた作品。
物語的内容には『アバター』以上に期待してなかったが、本当にカラッポでその分すさまじい映像と爆音を堪能できた。
まずメガネがXPANDにくらべとても軽いうえに耳鼻だけでなくデコでも支える感じになっていて楽。そして上映前に「IMAXってマジで超すごい」的自慢映像が流れ、これまでの3Dと比べ画面の明るさに吃驚させられます。飛び出し具合、説明アナウンスがとてもアトラクション的で楽しい気分。もうここの時点でワクワク感を味わえただけでも2,200円は高くないかもと思わされました。

映画はカッコイイバイクがバビューンてしたり、プログラム人間が戦ってガラガラガッシャーンと崩れ落ちたり、ダフトパンクのズガズガベベべベな音楽が爆音で流れて楽しかったです。アバターのこれ見よがしクソCGにはとてもイラついたが、こっちのCG大前提の暗闇蛍光世界は全然いけます。
お話とかは超どうでもいいし前作なんか未見でGO。キャラの少なさ、ドラマの無さも頭を使わなくてよくちょうどいい感じ。ドルミナーでグッスリト。派手げなアクションと酒場シーンだけ堪能できる仕様です。あ、でも女の人のボディスーツ姿は眼福。リカームのシーンエロかった。
酒場のオーナーみたいな人はサム・ロックウェルが『アイアンマン2』のときみたいにナメくさった感じでやったらよかったのに。まぁ、なんにしてもIMAXで観れてよかった。
この調子で未来的デビルサマナーか女神転生の映画つくってください。

各社スニーカー合戦やってる中、バートンのスノーボードブーツも
10121700.jpg


汐留のバイク展示
10121701.jpg

コメント

コメントの投稿


管理者にだけOK

【お願い】
・テンプレートに関するご質問をされる方は、必ず「質問の心得」をお読み下さい。

 プロフィール 

junpa1

Author:junpa1
ミコンの町から


↑クリック
flying gecko fun
(ヤモリ・カエル飼い)

 Free AREA 

    follow me on Twitter

     月別アーカイブ 

     フリーエリア