r

CANDLE OF THE DEAD

卑屈で後ろめたい日々のカリソメ・ブログ

--年

--月--日

(--曜日)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年

12月16日

(木曜日)

『堀川中立売』

フィルメックスで入場待ちのとき手売りしてた、ペットボトルを細工したチケット。ようやくポレポレ東中野で使った。半券がおみくじになっていているらしく「信じろ!」と劇中のセリフが印刷されていた。
「ほりかわなかたちうり」。タイトル読みづらいし憶えにくい、内容もUst見たら誰かが「これは感じる映画だ」みたいなこと言っててなんだかメンドくさそう。ハネケ祭りとかでいろいろ忙しいしで、前売り買ったのを若干後悔しつつ最近観たメッチャクッチャ怪作『マクナイーマ』みたいのを期待していったら、思ってたより分かりやすくてストレート。

ロン毛のヒモと胡散臭いホームレスがギャラクシー陰陽師の式神として、ホームレス狩りとかさせてる悪の組織となんとなく戦わせられる話。こう書くと普通の映画のようですが、なんか必要性を感じない理解に苦しむ細かいエピソードがギュっと詰まっててだんだん本筋がぼやけたり急に戻ったり。
主人公は式神の2人ではなく悪の組織が利用している殺人暦のある男。この男が惨い運命にいたぶられ続け、観てるのがつらいと思ったり、その反面オフビートな式神2人はだらだらのんきにやってて、一体どうなっちゃうんだろうという不安を持ったまま特に大きな見せ場もなく終了。『おそいひと』の障害者の人が出てて、例のボイスマシーンで主人公にすごい事を伝えてるところが非道すぎて面白かったかなぁ。

ヒモは以前からなりたい職業No.1でしたが、あんなホームレスもなかなかいいなぁと思ったのでした。とにかく気分次第でたくましく生きていけるってことですかね。ホームレスを演じた山本剛史さんが大好きな役者だからというのもあるけど。

101216.jpg

コメント

コメントの投稿


管理者にだけOK

【お願い】
・テンプレートに関するご質問をされる方は、必ず「質問の心得」をお読み下さい。

 プロフィール 

junpa1

Author:junpa1
ミコンの町から


↑クリック
flying gecko fun
(ヤモリ・カエル飼い)

 Free AREA 

    follow me on Twitter

     月別アーカイブ 

     フリーエリア 

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。