r

CANDLE OF THE DEAD

卑屈で後ろめたい日々のカリソメ・ブログ

2010年

11月30日

(火曜日)

東京フィルメックス

チラシをゲトって上映スケジュールをチェキったときに超話題作の『冷たい熱帯魚』しか目に入らず、これしかチケットを取ってなかったんですが、ヤバそうな韓国映画3本があるのに気付いたころには、前売り受付終了。結局『ビー・デビル』、『アンチ・ガス・スキン』は当日券で観れたものの、クロージング作品でもあったイ・チャンドンの『詩』はソールドアウト。まぁ、同監督製作で公開中の『冬の小鳥』を観れてないので、しょうがない。しかしこれ都内は岩波ホールでしかやらないのか。すぐ武蔵野館あたりでかかると思ったのに(『パリ20区~』とか『カティンの森』はやったから)。


ということで、ちょこっと感想。

『ビー・デビル』
最近観た『黒く濁る村』みたいな話だけど、どんでん返し系ミステリーじゃなく高ストレスによりブチ切れた人間や首チョンパをスタイリッシュに描いてるかっこいい映画。殺戮シーンでのギャグもあるし、ラストはちゃんと泣かせます。アジャの『ハイテンション』を思い出しボロ泣きしないように必死でした。監督が言ってましたが、複数の実際に起きた事件をモデルにしているそうです。
Q&Aで女優とプロデューサーがなかなか出てこなかったんですが、女優の人が主演の2人ではなく脇役のおばさん(ベテランらしい)でガックリきました。ちなみにブチ切れ主役は名作『チェイサー』のお母さんの人。素晴らしかったです。早くまた観たい。シアターNでかかるとのこと。

『アンチ・ガス・スキン』
ガスマスクの殺人鬼が大暴れしつつ、韓国の狂った暗黒部分をさらけ出す社会派映画かと思ったら、全然違った。オープニングこそゾクゾクしたものの、すごいヘンな群像劇でなんだかよくわかんなかったです。Q&Aつきではない回だったので解釈の幅は狭くならずよかったのかもだけど、わかんなすぎる。すごくへんで音が少ない静かな映画。

『冷たい熱帯魚』
キチガイ夫婦のマル秘大作戦に巻き込まれるゾンビのような生気がないだめだめ一家の恐怖を描く「猛毒エンターテイメント」!サイタマの某殺人事件をモデルに園子温監督の実体験とかをぶちこんだお話。クマガヤい(@映画秘宝)暗黒世界。
最近長い予告も公開されましたが、海外版予告のカットバックするやりとりが悶絶するくらいカッコイイ。弱小ふらふらゾンビvs強欲鬼畜おやじ。これがずっと続くんだから面白いに決まってる!
たっぷり客を楽しませた後に待ってるラストはいろいろ考えさせられます。そして1回じゃ全然観足りません。
Q&Aで外人に血糊について聞かれ、誇らしげ&照れくさそうに「西村という男がいましてね、フフフ...」といっていたのが印象的でした。動物の血や肉を使ってるそうです。あと『愛のむきだし』では重要だったマリア像などの記号的な感じのものは怖いおっさんのバックグラウンドをちょっぴり匂わせているんだそうで。
ということで残酷効果(特殊造形)で西村映造、アクションで坂口拓さま、共同脚本&ビジュアルデザインで高橋ヨシキさまという絶対に見逃せない、そうそうたる面子(とおっぱい)で死ねます。来年1/29公開。シネコンでもかけやがれ!「そういうことだ!よろしくな!!」


それにしてもものすごい映画祭でした。想田監督の『精神』につづく観察映画第三弾も観たかったす。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけOK

【お願い】
・テンプレートに関するご質問をされる方は、必ず「質問の心得」をお読み下さい。

 プロフィール 

junpa1

Author:junpa1
ミコンの町から


↑クリック
flying gecko fun
(ヤモリ・カエル飼い)

 Free AREA 

    follow me on Twitter

     月別アーカイブ 

     フリーエリア