r

CANDLE OF THE DEAD

卑屈で後ろめたい日々のカリソメ・ブログ

--年

--月--日

(--曜日)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年

11月20日

(土曜日)

『バトル・ロワイアル3D』

オリジナルを観たとき、強いヤツに守られつつなんとなく生き残っちゃう2人が超納得いかなくて悶々。嫌いな映画だったんですが、映画秘宝の特集を楽しむため&1,000円の日(3Dは1,300円)だったので初日に観た。
やっぱりラストが嫌だったけど、高校生くらいの子がたくさんいて感想を口にしてたのを盗み聞きできたのでよかった。「超グロイ!」と怒ってたり「こんなの観たら明日から学校行けない...」なんて事言ってた女の子がいました。かわいそうなことにすっかり人間不信になっちゃったみたいです。自分も15,6で観たらそんな感想を持つ気がします。そのぐらい救いがないしエンターテイメントとしても部分的には面白くても最後はすっきりしない、「自分ならどうする?映画」。
今の自分が映画の登場人物ならたぶん、塚本高史のコバンザメ。右腕になる努力はするし、たとえ裏切られても天才にだったら文句はないです。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけOK

【お願い】
・テンプレートに関するご質問をされる方は、必ず「質問の心得」をお読み下さい。

 プロフィール 

junpa1

Author:junpa1
ミコンの町から


↑クリック
flying gecko fun
(ヤモリ・カエル飼い)

 Free AREA 

    follow me on Twitter

     月別アーカイブ 

     フリーエリア 

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。