r

CANDLE OF THE DEAD

卑屈で後ろめたい日々のカリソメ・ブログ

--年

--月--日

(--曜日)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年

11月06日

(土曜日)

『裁判長!ここは懲役4年でどうすか』

裁判傍聴エッセイ本の映画化。1本の映画として途中まで読んでた漫画よりドラマチックな仕上がり。コメディの中にも人間の真っ黒い部分がしっかりあったり、周りに翻弄されつつ飄々としてる主役のバナナマン設楽が適役でよかったです(相方日村も痴漢の被告で登場)。片瀬那奈の扱いも楽しかった。
嫌味の無い小気味よい笑い、全体的にリラックスした雰囲気で安心させつつぐぐっと盛り上げておいて、まさかのあのオチ。
豊島監督の映画はあんまり観れてないんですが、ドグちゃん担当回や『新耳袋殴り込み』、前作『ソフトボーイ』がかなり楽しかったので、いろいろ観てみたいところです。今作もさぞかし人望がお有りなんでしょうなーという脇役キャストでした。
場を仕切りだしちゃう裁判員が出てくるけど、本当にいそうで笑いつつとても怖いとも感じました。裁判員制はやっぱり反対。というか裁判ってすごくヘン。

1011060.jpg


コメント

コメントの投稿


管理者にだけOK

【お願い】
・テンプレートに関するご質問をされる方は、必ず「質問の心得」をお読み下さい。

 プロフィール 

junpa1

Author:junpa1
ミコンの町から


↑クリック
flying gecko fun
(ヤモリ・カエル飼い)

 Free AREA 

    follow me on Twitter

     月別アーカイブ 

     フリーエリア 

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。