r

CANDLE OF THE DEAD

卑屈で後ろめたい日々のカリソメ・ブログ

--年

--月--日

(--曜日)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年

09月30日

(木曜日)

『ゴスロリ処刑人』

誕生日に謎の集団の襲撃に遭い母親を殺され、父を車椅子生活にさせられたオリシーナがゴスロリファッションでその集団をひとりづつぶっ殺すというリベンジ映画。
東京衝撃第一弾『片腕マシンガール』以降、こんな感じのがたくさん作られてましたが本家以外はほとんど観てません。実際本家でも微妙なのあるんだし。
で、こちらはオシリーナとゴスロリの組み合わせで高貴な印象。そして日本のホラーアイコン的存在な柳ユーレイがおとん役で味のあるヘタウマ演技を見せてくれます。
アクション出身の監督が舞台挨拶で「予算は少ないけどアクションだけは世界レベルにしなくちゃいけないと思った」風な感じで言っていた通り、タイトルが出る前の大立ち回りは『十三人の刺客』より手に汗握る面白さでした(あそこのオシリーナアクションは吹き替えかなぁ)。グロもさっきまで大量に食べてた物が腹を切られて超出ちゃうというのが強烈でよかったです。
雰囲気や展開は大好きな『東京残酷警察』に音楽も含め近い。それだけにストーリー無視してラスボスにはド派手変形をして欲しかった。
ゴスロリといえば『REPO!/レポ』ってDVDでないのかなー??あれ好きだ。

100930_01.jpg

コメント

コメントの投稿


管理者にだけOK

【お願い】
・テンプレートに関するご質問をされる方は、必ず「質問の心得」をお読み下さい。

 プロフィール 

junpa1

Author:junpa1
ミコンの町から


↑クリック
flying gecko fun
(ヤモリ・カエル飼い)

 Free AREA 

    follow me on Twitter

     月別アーカイブ 

     フリーエリア 

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。