r

CANDLE OF THE DEAD

卑屈で後ろめたい日々のカリソメ・ブログ

2010年

07月17日

(土曜日)

『私の優しくない先輩』

先月のTRASH-UP!!のイベントで松江監督が結構メインの『恐怖』以上に「とにかくスゴイ!」と熱っぽく語っていたので興味を持っていたら、今度は映画秘宝の表紙&特集が組まれてた。あとスポッテッドも松江監督のレビューで1ページ。といこというでそのへんは未読で初日に観た。

都会から田舎に越してきた、五代並に妄想癖の激しい女子高生が、渡すことのない憧れの先輩宛ラブレターを拾ったキモイ先輩に振り回される話。こう書くと超ベタですが、明るく純粋一途でファンシー系な主役の娘の暗黒面を見せるところで感涙。序盤に暗くて地味なクラスメートを見下しながら親友としてふるまうというモノローグで黒さが出てくるんですが、その黒い部分が後半セリフで爆発しちゃうまさかの展開。最後までいい子で頑張り屋でなんとなく現実の厳しさに直面しちょっぴり成長するありきたりさとは間逆にいっちゃう。
でそんな暗黒面をもつつみこむキモ先輩の真意がわかるラストはもうスクリーンを観るのが大変でした。主役の両親(高田延彦と小川菜摘)がとても抑えめ演技でしゃしゃり出ないのも効果的で素晴らしかったです。
唐突にはじまるエンドロールが1カットでさらに大変。クレジットなんて1文字も見れてないYO!
前半モノローグだらけ&家の壁がバターンと倒れるシュールで印象的な妄想シーンが『愛のむきだし』の様でした。そしてクライマックスの長回しぶつかり合いはあの海辺のシーンに匹敵します。まいった。
パンフのデザインもサイコー!500円!

1007170.jpg
途中からPerfumeのあ~ちゃんに見えちゃってもう大変。




コメント

コメントの投稿


管理者にだけOK

【お願い】
・テンプレートに関するご質問をされる方は、必ず「質問の心得」をお読み下さい。

 プロフィール 

junpa1

Author:junpa1
ミコンの町から


↑クリック
flying gecko fun
(ヤモリ・カエル飼い)

 Free AREA 

    follow me on Twitter

     月別アーカイブ 

     フリーエリア