r

CANDLE OF THE DEAD

卑屈で後ろめたい日々のカリソメ・ブログ

--年

--月--日

(--曜日)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年

06月05日

(土曜日)

『ヒーローショー』

十時映画祭で『ワイルドバンチ』観た後、ちょうどいい具合の時間だったので続けて観た。
お笑い芸人目指して上京してきたカラッポ人間が、戦隊ヒーローショーのバイトをはじめたがために、元相方の女絡みのどうでもいい抗争に巻き込まれてとんでもなく迷惑する話。
その抗争にカラッポでバカが昔のヤンキーとは全く違う薄い仲間意識でワラワラと集まり色々やり合うも、結局全然場を仕切れないバカばっかなので『オールナイトロング』っぽく普段はおとなしそうなゲーマー君が大暴走。舐められない為のテキトーな喧嘩もいい感じで歯車が狂いはじめます。口ではマブダチとは言ってもジョニー・トーの映画の様なファンタジックな友情は微塵もなく、問題解決に向けみんなで力を合わせて頑張ることができず、自分の保身ばかりで面倒なことは他人まかせにギャーギャー言うだけなのがとてもリアルで怖かったです。しかも自分のしでかした事の重大さをすっかり忘れて、即足が付く人の車で選挙カーにゆかいな攻撃をする。もうカラッポ過ぎてあっぱれ。あの一番下っ端のチャラいカレは度肝を抜く登場シーンから最後まですべてがだめ過ぎて最高でした。そして同時に怖さも。
で、芸人志望の方とは別にもう一人主人公がいて、そいつがすごく不器用だけど根は健気でいいヤツというキャラも話の展開も『息もできない』の主役サンフンみたい。「シーバルロマ!!」ってすごい言いそう。演技もすごくよかったです。
『息もできない』で窒息寸前だった人はコレ観たら死んじゃうかも。こっちは問題の根っこがどこだか見当もつかないとエンドロールの曲(なんというセレクト!)を聴きながら感じました。

最近子供の虐待死ニュースが流れると、そんなろくでなしの虐待攻撃から奇跡的に逃れながら育てられても、後々いろいろ大変な人間になってしまう気がするので、早いウチに殺されといて正解なんじゃないのという面もあるんじゃないと思ってしまうのは内緒です。
つっこみどころとしては、主人公が後半にヒーローショーの大変目立つ格好で電車移動するんだけど、絶対財布持ってないはず。

1006051.jpg
N2兵器@荒川

コメント

digで特集組まれてて気になっていたんですが、5月6月がひどい状況で映画に行くなんて夢のまた夢だったので、ちょっと知れてよかったっす。
たぶん忘れた頃にDVDとかで観ます。

人入ってない感じなので、多分すぐ公開終わっちゃいそうです。シネマハスラーで当たればいいんですけどね。最近ハズレばかりなのでガツンとくる評聞きたいです。

コメントの投稿


管理者にだけOK

【お願い】
・テンプレートに関するご質問をされる方は、必ず「質問の心得」をお読み下さい。

 プロフィール 

junpa1

Author:junpa1
ミコンの町から


↑クリック
flying gecko fun
(ヤモリ・カエル飼い)

 Free AREA 

    follow me on Twitter

     月別アーカイブ 

     フリーエリア 

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。