r

CANDLE OF THE DEAD

卑屈で後ろめたい日々のカリソメ・ブログ

--年

--月--日

(--曜日)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年

04月29日

(木曜日)

読書&原画展

最近は読書づいてていろいろだらだらパラレル読みしつつ、ぜんぜん読み終わってないうちにふらふらと本屋で目的もなくつぎつぎテキトーに買ってきてしまいます。
そんな中、珍しく1日掛からず一気読みした『消された一家/北九州連続監禁殺人事件』がすごく興味深かった。
主犯の男は池田小の宅間守以上に飛び抜けたカリスマでかつユニークでユーモラス。凄まじく陰惨な事件なわりに面白フレーズが盛り沢山で吃驚した。
「あとがき」の妻のポジティブ感と救われてる雰囲気に『シークレットサンシャイン』の勝手に救われちゃったあの犯人を思い出した。すごい違和感で罪を償うってどんなだろと思った。会社を寝坊して遅刻した日って普段より超真面目に仕事にとりかかったり夕方くらいまで後ろめたい心持ちで過ごす自分には考えられない前向きっぷり。

午後はキラキラを聴いてから丸尾末広原画展へ。
休日なのに空いててゆっくり観れました。雨の日や暗くなってから観るとまた全然印象が違うのかもしれない。今日は風がさわやか過ぎた。5/1まで。

1004290.jpg


コメント

コメントの投稿


管理者にだけOK

【お願い】
・テンプレートに関するご質問をされる方は、必ず「質問の心得」をお読み下さい。

 プロフィール 

junpa1

Author:junpa1
ミコンの町から


↑クリック
flying gecko fun
(ヤモリ・カエル飼い)

 Free AREA 

    follow me on Twitter

     月別アーカイブ 

     フリーエリア 

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。