r

CANDLE OF THE DEAD

卑屈で後ろめたい日々のカリソメ・ブログ

2010年

03月28日

(日曜日)

『ハートロッカー』

全然観る気無かったが、タマフルの1時間を超える放課後ポッドキャストを聴いて感銘を受けたので、近所のシネコンで観た(一番でかいスクリーンで客一桁)。
ポッドキャストはウタ師匠のハスラー評に町山さんが電話で強襲するというスリリングな展開。ラストの解釈に差がかなりあったようなので、それを自分の目で確認したくなったのでした。
で、実際観てみての感想は論点だった主人公の心情の移り変わりが説明不足ですごく分かりづらい。ネタバレ聴いてても難しいんだから全くの初見ではチンプンカンプンだったと思う。町山さんの「くみ取り」解釈は素晴らしくてとても感動的。中盤に主人公が自分の感情の無さを「いつからこうなっちまったんだろうな?」と自問するとこや自分の子供に大人ってつまんねと言うシーンはグッときたんですが、ラストのあの表情は自分にはくみ取りにくかったです。
爆弾処理中に意味不明な暴走タクシーが乱入してきたり、スコープ越しに見る現地人が全員怪しく見えたり、爆弾人間の体についたすげー鍵の数等々、面白すぎて吹いた。なんか全部ブルーノの仕業というのを想像してしまいました。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけOK

【お願い】
・テンプレートに関するご質問をされる方は、必ず「質問の心得」をお読み下さい。

 プロフィール 

junpa1

Author:junpa1
ミコンの町から


↑クリック
flying gecko fun
(ヤモリ・カエル飼い)

 Free AREA 

    follow me on Twitter

     月別アーカイブ 

     フリーエリア