r

CANDLE OF THE DEAD

卑屈で後ろめたい日々のカリソメ・ブログ

2010年

03月21日

(日曜日)

『ゼロ年代ワースト』

自分も投票した破壊屋さんゼロ年代ワーストが発表されましたー。
自分のワーストは、以下のとおり。

-----------------------------------
1.アバター 
 現実逃避したまま帰ってこない主人公。貴重な鉱物なんて無視して青ザル軍団を人類最大の武器である核兵器でぶっ殺すべきだった。人間なめんな!

2.ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破
 最悪後出しジャンケン。おそらくまだ監督すら知らない「全部シナリオ通り」。そして子供達のすぐれたコミニュケーション能力。『序』でのコンプレックスはどこいった?

3.青い鳥
 空気読まない発言をすると、シーンとなって場面が変わってしまう。とにかくひどいKY推進映画。もっと対立を。

4.機動戦士ZガンダムIII 星の鼓動は愛
 監督のひとりよがりに付き合わされたオリジナルのスタッフは怒るべき。シロッコのプレッシャーをなめんな!

5.ラースと、その彼女
 見守ると見捨てるをはき違えてる。善意の塊みたいな主人公が実は全部を状況を把握していて、睦雄ばりに皆殺しっていうオチだったらよかったのに。

6.ハウエルズ家のちょっとおかしなお葬式
 さっきまで笑ってた客に冷や水を浴びせる展開はよかったが、全然笑えないギャグがひどい。

7.落下の王国
 芸術性が高いんだって。とにかく退屈。

8.誰も守ってくれない
 はじめから最後まで苦痛の連続だった。特に終盤に登場するギバちゃんにはまいった。

9.フィースト2/怪物復活
 『1』でやめときゃよかったんだ...

10.フィースト3/最終決戦
 『ハウエルズ家~』と似たつまんないベロベロバーなギャグ。
-----------------------------------

全体ランキング中、自分があげたやつで高順位だったのは『ヱヴァ:破』『Z?』のアニメ2本。
どちらもオリジナル版の超改悪で罪は重い。そして両方シリーズもの。1作目はとても好感の持てるリメイクっぷりですごく期待させた分、ひどいオリジナルファンを裏切る展開だったためむかついたしがっかりした。ヱヴァはまだ続くので、「あの緩さは実はフリでした、ほーら実はこんなひとでなしなクライマックスだよ~」って話になれば巻き返しを図れる。あんな調子だと人類補完計画がちゃんと発動するのかが心配。
あと『キサラギ』を入れるのをすっかり忘れていた。まぁ、ぱっと思い出せないくらいどうでもいい映画ということで。

関係ないけど、少し前あるバラエティ番組で『ホームレスが中学生』のジャケットのパネルをネタ的にみせて、バカにしていた。
ナベアツがこれから監督する自分の映画を「これがライバルだ」と言って笑っていた。お手並み拝見。相当ハードル高けぇぞ!



・おまけ
【ニコ動】カミーユ名セリフ集

ガンダムシリーズ屈指の武闘派であり、周りの地獄のような厳しい環境の中ですごく真っ当に自分の立場について苦悩する。TV版のラストは奮えが止まらない。

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

フィースト全作好きなんだけどな~、ま、十人十色。
ホントに好きだったら、他人の意見でも揺るがないですよね。

今日、「隣の家の少女」原作読み終わりました。怖いけど、映画が凄く見たい!

逆に論破されたいくらいです。

『隣の家の少女』はせっかくなので是非映画館で!
でも自分は『パンズラビリンス』の方がよっぽど落ちました。あれひどい。

コメントの投稿


管理者にだけOK

【お願い】
・テンプレートに関するご質問をされる方は、必ず「質問の心得」をお読み下さい。

 プロフィール 

junpa1

Author:junpa1
ミコンの町から


↑クリック
flying gecko fun
(ヤモリ・カエル飼い)

 Free AREA 

    follow me on Twitter

     月別アーカイブ 

     フリーエリア