r

CANDLE OF THE DEAD

卑屈で後ろめたい日々のカリソメ・ブログ

--年

--月--日

(--曜日)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年

03月10日

(水曜日)

『ニンジャアサシン』

ミラノ座の一番でかいスクリーンでかかってたので観た。
里の掟に逆らった抜け忍が、怨み節な昔の仲間をバーッチョ肉片にする爽快スプラッターアクション。
中盤くらいまでせっかくゴアシーンいっぱいなのにヘンに日本の忍者に忠実にしたのか忍者の衣装がちゃんと真っ黒でさらに闇に潜んでるため画面が暗くアクションもバーッチョしててよく見えない。そんなストレスもラストの火力十分な忍者屋敷への大奇襲攻撃でスッキリできたんじゃないかと思う。あと手裏剣が車にグサグサささるのが楽しかった。
すごい間違っちゃった個性的なニンジャが出てきたほうがもっと楽しかったと思う。地味すぎる。蛙の口寄せもできないし妖術もなし。
でも、とにかくキレ味鋭い人体破壊があんな大きいスクリーン&轟音で堪能できるってだけでとてもいい体験でした。
『300』を思い出した。
終わってから気付いたけど、八割くらい女性客でした。主人公の人がアイドル的存在らしく、グッズ売り場もそこそこ盛り上がってましたよ。


Fulgeanceというフランスの電子盤使いが来日した際に撮影、かんたんに編集してYouTubeにアップしました。
3本あって3本目は1曲フル収録です。



そしてミラノ1で観た思い出深い『エスター』を自宅で観ているのだ。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけOK

【お願い】
・テンプレートに関するご質問をされる方は、必ず「質問の心得」をお読み下さい。

 プロフィール 

junpa1

Author:junpa1
ミコンの町から


↑クリック
flying gecko fun
(ヤモリ・カエル飼い)

 Free AREA 

    follow me on Twitter

     月別アーカイブ 

     フリーエリア 

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。