r

CANDLE OF THE DEAD

卑屈で後ろめたい日々のカリソメ・ブログ

2010年

01月22日

(金曜日)

『エクトプラズム』

嫌いな新宿ピカデリーで。
嫌いなことはなるべくあたまのなかで言語化してやろうといつも考えたりするけど、ピカデリーの何がそんなに気にくわないのかよくわからない(2回くらいしか来たこと無い)。でも今日ひとつ気付いた。待合室にいっぱいイスがかたまってあって座っている風景がどっかの被災難民みたいで残念にみえるところ。残念にみえてしまってサーセン。

で映画は末期ガンに冒された青年をかかえた一家が転がり込んだワケあり貸家がひどい幽霊屋敷で困る話。
治療や薬の副作用による幻覚&夢オチは前半にサラっとこなし、不審を抱いた家の謎をあっさり解明しつつ(テンポ良すぎ!)、怪しい闘病仲間の牧師さんがスピリチュアル的存在で活躍しだす後半はなかなかハイテンションで楽しかったです。
一番面白かったのは、お化けに囲まれても気まずそうにうつむくだけのガン青年。やたらうるさい悲鳴が苛つく昨今、全然怖がらないって新しい。しまいには怪しいお化けを追いかけ回したり(後を追う)する信じられない名場面があったり、医者から余命数時間の宣告をされた後に、オノで大暴れするラストのかっこいい画に驚嘆。どうせ死んでしまう(@中島義道)という言葉はいろんな場面でとても勇気をくれますが、せっぱ詰まってるのに冷静かつ本気の「どうせ死ぬ!」はすごくて泣けた。
あとCG丸だしのエクトプラズム出現シーンであんなにアガるとは思わなかった。とても演出がいいんだと思う。ポルターガイストみたいなガシャドクロが出ないのは「実話だから」ということで。

1001221.jpg
耳なし芳一なお化けに囲まれてる場面はこんな感じ


何か忘れてるなーと思ってたらゴケミドロをシネパトスで観るのを忘れてた。やってしまった...
「遅すぎた…何もかも遅すぎたんだ」

コメント

コメントの投稿


管理者にだけOK

【お願い】
・テンプレートに関するご質問をされる方は、必ず「質問の心得」をお読み下さい。

 プロフィール 

junpa1

Author:junpa1
ミコンの町から


↑クリック
flying gecko fun
(ヤモリ・カエル飼い)

 Free AREA 

    follow me on Twitter

     月別アーカイブ 

     フリーエリア