r

CANDLE OF THE DEAD

卑屈で後ろめたい日々のカリソメ・ブログ

2009年

12月10日

(木曜日)

『死んでもいい経験('90)』

キムギヨン祭り第3弾。これで終わり。さみしい。
『下女』で不気味な若い女の恐怖を、『高麗葬』では『母なる証明』もびっくりの逃れられないおかんの恐ろしさを楽しく描いてましたが、この遺作は女性に絶望しつつ、でも若い女はやっぱり最高だぜ!うへへ、そしてアホでむかつく自分の嫁なんか痛い目にあわせてやる!永遠に!というすべての尻に敷かれがちな世の男たちの夢の世界を映像化。この監督はさぞかし女嫌いで、かつコンプレックスを持っていたんだろうなと感じました。そして共感。ありがちな話なのにとにかく展開が最高でぐいぐいくる。
あたたかいたくさんの家族に老衰とかで看取られるよりも、この映画のラストの「死んでもいい経験」を経験する夢をみて、孤独死したい。エピローグみたいなのは蛇足でした(ギャグは面白かったけど)。
というわけで祭りが終わったのでのDVD-BOX未見作『蟲女』『肉体の約束』『異魚島』をようやく観ることができるのだ。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけOK

【お願い】
・テンプレートに関するご質問をされる方は、必ず「質問の心得」をお読み下さい。

 プロフィール 

junpa1

Author:junpa1
ミコンの町から


↑クリック
flying gecko fun
(ヤモリ・カエル飼い)

 Free AREA 

    follow me on Twitter

     月別アーカイブ 

     フリーエリア