r

CANDLE OF THE DEAD

卑屈で後ろめたい日々のカリソメ・ブログ

2009年

11月26日

(木曜日)

『下女('60)』

今月の映画秘宝で1ページ特集が組まれていて知った韓国の古い映画をロッポンギで観た。話は昼ドラちっくな感じでしたが、全編コントみたいなシーンがちりばめられスクリーンにくぎ付け。幸せな4人家族が下女としてやってきたケロヨン女(被害者でもある)によってぶち壊される様はとても楽しかったのでした。特に子供2人VSケロ女がよかったです。お母さんは「もうこんな家はたくさんだ!」と出て行くための金を貯めるのに一心不乱にミシンに向かい、どうにもならない事態に困ったお父さんは「どうしてこんな事に...」と頭を抱えるばかり。ケロ女の相手を根絶させない程度の恐ろしいイヤガラセは素晴らしい音楽とともにスパークし続け、いよいよのところでカメラが大変かっこいいラストをむかえます。
オチは今までのドロドロ劇からびっくりするくらい清々しいもので、昨日のクソ映画とはうってかわり大変良い気分で劇場をあとにしたのでした。

091126.jpg
チラシ。このやる気のない感じがイイ味出てます。一番左の人がケロヨン。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけOK

【お願い】
・テンプレートに関するご質問をされる方は、必ず「質問の心得」をお読み下さい。

 プロフィール 

junpa1

Author:junpa1
ミコンの町から


↑クリック
flying gecko fun
(ヤモリ・カエル飼い)

 Free AREA 

    follow me on Twitter

     月別アーカイブ 

     フリーエリア