r

CANDLE OF THE DEAD

卑屈で後ろめたい日々のカリソメ・ブログ

--年

--月--日

(--曜日)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年

11月06日

(金曜日)

あらためて『スペル』

東京国際映画祭での上映は最悪だった。過剰なリアクションをとるサクラっぽい人がたくさんいた。全部のビックリシーンで椅子から飛び上がるのは気にならないとしても、ガイジンも驚愕のあらゆるすべてのタイミングで起こる笑い声と拍手が自分的にはありえなかった。ハンカチが飛ぶだけであんなに笑えるものか。ハンカチにまつわる素敵な体験があるのだろうか?そんなものに付き合わせられるなんて最悪だ。「君の笑顔がみたいから...」なんてフレーズはうんこで全部嘘っぱちだ。おまえの笑顔は最悪に人を不愉快にする。だから死ね!ということで映画をまともに観れないクソスペルをかけられ最悪な気分で六本木ヒルズを出たのでした。

で初日の今日、塩ブタヤローの除霊のため近所のシネコンで観た。ちゃんと除霊できました。
特に降霊会のシーンは楽しい。初回時はラストが超読めて冷めるなんて思ったわけですが、あれがああきてるのにこうなってああなっちゃうのは読めてなかったべ?といろいろ否定的だった自分をひっくり返しました。タイトルもクソかっこいいすね。罪悪感に向き合いつづけることの難しさ。「I think very deeplyだ、クソが!@NNN」ってやつです。KRS-1。

映画の出来不出来に関わらず、最悪な映画体験が存在するというのを今回ほどはっきり感じたことはない。いい勉強になりました。あと笑い系映画は用心深くいかないとだめ。客層外すと最悪に滅入るので要注意。『ハウエルズ家~』も最悪だったなぁ...
自分の完全なわがままだというのはわかっている。でもわかるわけにはいかない。

ついでにこないだ観た『仏陀再誕』のパンフをゲトった。これちょうおもしろいよ。ボディジャックってすごいなぁ。そもそも救世主なんて求めてねぇよ。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけOK

【お願い】
・テンプレートに関するご質問をされる方は、必ず「質問の心得」をお読み下さい。

 プロフィール 

junpa1

Author:junpa1
ミコンの町から


↑クリック
flying gecko fun
(ヤモリ・カエル飼い)

 Free AREA 

    follow me on Twitter

     月別アーカイブ 

     フリーエリア 

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。