r

CANDLE OF THE DEAD

卑屈で後ろめたい日々のカリソメ・ブログ

2007年

03月04日

(日曜日)

13.明日は此処から

13曲目「明日は此処から」

アルバムはポジティブなタイトルで幕を閉じます。
とはいってもありふれたカラ元気なお唄ではなく、報われなさっぷりを全面に。かといってクサるわけではありません。とてつもない意志の強さを感じさせます。
最近、映画や少年漫画なんかは(努力を描かず)報われまくっちゃって興ざめするモノが氾濫しとります。フィクションの中では成功を収める主人公に感情移入しいい気分に浸っていたい。現実の厳しさを忘れさせてくれる。でもそこから学べる事は何も無い。せいぜい身に付くのは尻軽にモテるスキルくらいです。
はっきり言って誰もが認める成功者の戯言なぞどうでもいいのです。成功者の苦労話の裏には多くの凡人に普通が1番と言っている(フウに取れる)。すべて「ただ運がいいだけだったクセに」とツッコミ可。ただの嫉妬だと言われちゃうのですが、イチローみたいなヤツは反面教師にしかならない。'06度200本安打達成のインタビューはホント酷かった。あんなの子供のヒーローが言う言葉じゃない(マツイは超好き)。
むしろ真逆の「超努力したのだけど、成功しませんでした。テヘッ(ホントはもう死にたい...)」って感じのモノが糧になると思います。あ、でも石川啄木の有名な「はたらけど はたらけど猶 わが生活 楽にならざり ぢっと手を見る」は芸者遊びが過ぎて貧乏になっちゃっただけみたいなので唾棄すべき歌でしょう。

なんだかグダグダになってしまいましたが、このアルバムの終わり方は「後ろめたいまま日が暮れる」最強伝説黒沢的。
この後ろめたさを感じさせてくれるところがCandleの大きな魅力だと思います。
早くアルバムを手に入れたい。




タワーレコードで予約!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけOK

【お願い】
・テンプレートに関するご質問をされる方は、必ず「質問の心得」をお読み下さい。

 プロフィール 

junpa1

Author:junpa1
ミコンの町から


↑クリック
flying gecko fun
(ヤモリ・カエル飼い)

 Free AREA 

    follow me on Twitter

     月別アーカイブ 

     フリーエリア