r

CANDLE OF THE DEAD

卑屈で後ろめたい日々のカリソメ・ブログ

--年

--月--日

(--曜日)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年

10月15日

(木曜日)

さまようピヨひこ

明日は予約だけしてすっかり忘れてたイングロ予習祭り@ロフトプラスワンだった!ということで今日しかチャンスがなさそうなので慌てて観てきた『さまよう刃』。
愛娘をイイ感じで陵辱されたあげく殺されちゃった寺尾アキラが、利害の一致した情報提供者にフラフラ操られながらヌルい復讐をする、一方刑事の竹野内豊はそんなアキラに超感情移入、どうでもいい司法制度を嘆きつつ結局中途半端なことをしでかす。いらない風景カットが多く無駄に長いつまんない映画でした。
アキラの選んだあの復讐にどれくらいの人が納得するのか知らないけど、自分が死んだ娘だったらあまりに情けなくあんな親の子なのだからこんなむごい死に方でも仕方ない、この一族は滅ぶべきなのだ!みなさん父が迷惑掛けてごめんなさい!そしてこんな映画ですみませんでした!と納得してしまうかも。
ベテラン刑事っぽい伊東四郎の吐く数々のセリフも物語のシリアスさを打ち消すダサ加減で最悪だった。

ケビンベーコンvs寺尾アキラは勝者なしの無効試合。ギョっとする長回しの使い方でアキラがリードしていたんですが、クライマックスの奇跡のダサさ(特に編集)がしょうもない感じなのでこういう結果です。そして昨日はあんなつまんなく感じた『狼の死刑宣告』が3倍くらい良い映画に思えてくるから不思議。でも技術だけはすごそうな駐車場長回しは全然つまらないのは変わらない。

D1000124_1.jpg

コメント

コメントの投稿


管理者にだけOK

【お願い】
・テンプレートに関するご質問をされる方は、必ず「質問の心得」をお読み下さい。

 プロフィール 

junpa1

Author:junpa1
ミコンの町から


↑クリック
flying gecko fun
(ヤモリ・カエル飼い)

 Free AREA 

    follow me on Twitter

     月別アーカイブ 

     フリーエリア 

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。