r

CANDLE OF THE DEAD

卑屈で後ろめたい日々のカリソメ・ブログ

--年

--月--日

(--曜日)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年

10月01日

(木曜日)

『3時10分、決断のとき』

都内で唯一かかった新宿ピカデリーの雰囲気が嫌いなのでスルーしてたところ、近所のシネコンへ奇跡的に来たので観に行ったら、一番大きいスクーンでかかってた。ユナイテッドシネマ浦和は作品のラインナップも含め素晴らしいです。
映画は、エンディングまで一気に見せる超かっちょいい西部劇。男たちみんなが一生懸命生きてて素晴らしかった。
狭量な善人が悪にジワジワ染められるのも楽しいけど、男が惚れる無敵の悪人が誇り高い善人に敬意を払うのは泣けます。その誇りを受け継ぐべき者がきちんと受け継いだと思わせるシーンも素敵でした。元々対局な存在に憧れただけに非常にお見事。悪役の格好良さ、主人公の気高さも含めジョジョみたい。後半は泣きのパンチライン連発で大変です。
'07の映画なので今年の受け継ぎ系『グラントリノ』より早かったんですね。

091001.jpg

コメント

コメントの投稿


管理者にだけOK

【お願い】
・テンプレートに関するご質問をされる方は、必ず「質問の心得」をお読み下さい。

 プロフィール 

junpa1

Author:junpa1
ミコンの町から


↑クリック
flying gecko fun
(ヤモリ・カエル飼い)

 Free AREA 

    follow me on Twitter

     月別アーカイブ 

     フリーエリア 

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。