r

CANDLE OF THE DEAD

卑屈で後ろめたい日々のカリソメ・ブログ

2009年

09月23日

(水曜日)

『ドゥームズデイ』

近未来のイギリスでパンデミック、過去に「死のウィルス」と共に壁で隔離したスコットランドまで抗体を女戦士(と死に要員の仲間たち)がゲットしに行く話だけど、ストーリーなんかどうでもいい、超首が飛びまくる金の掛かってそうなバイオレンスアクションでした。
スコットランドで逞しく育った北斗の拳の悪者(小ぎれい)っぽいのより、ちょっと品のある違う部隊(?)のでかい黒鎧騎士がインパクトがあった。モーニングスターで顔面をぶち抜いたところはビックリした。
あと序盤に出てきた丸焼きの人肉がうまそうだった。『ホステル2』でデオダートが喰ってた生ハムっぽい活き造り以上に、あのミディアムレアはジューシーでいい感じ。
ラストのカーチェイスもモヒカンボスのがむしゃら行動がアホで楽しかったです。キャラの立ってない&頼りにならない部下ばかりだと苦労します。
いろいろ詰まってるのにエロがないのは不満、あと主人公がクールで強すぎるのでハラハラしたり燃える展開がないのが残念。『ニューヨーク1997』の音楽は偉大だと思いました。

シルバーウィーク限定でチケット購入時にキーワードを言うと1000円で観れるキャンペーンというのは知ってたけど、こういうのがすごく恥ずかしいので普通料金で買おうとしたらわざわざキャンペーン内容を親切に説明されました。まるで「1800円出させると自分が上司に怒られて面倒なことになるんだよ!いいからとっととキーワード言えよ!気取ってんじゃねぇよ!このクソ貧乏人がッ!」という空気をそのおねえさんの口調から感じたのでちゃんと従いました。キーワードなんて言わせないで全員割引でいいじゃん。ちなみにキーワードは「世界の終わり」です。あぁ恥ずかしかった...

コメント

コメントの投稿


管理者にだけOK

【お願い】
・テンプレートに関するご質問をされる方は、必ず「質問の心得」をお読み下さい。

 プロフィール 

junpa1

Author:junpa1
ミコンの町から


↑クリック
flying gecko fun
(ヤモリ・カエル飼い)

 Free AREA 

    follow me on Twitter

     月別アーカイブ 

     フリーエリア