r

CANDLE OF THE DEAD

卑屈で後ろめたい日々のカリソメ・ブログ

2009年

09月09日

(水曜日)

『ハウエルズ家のちょっとおかしなお葬式』

就職活動で都心まで折角出たので渋谷で見た。
予告編を何回か見て、(大嫌いな)ミタニコウキ臭がプンプンしやがるぜッ!と思ってたら、なんとビックリそれ以下にドイヒー映画でした。
安くてイライラする笑いのつるべ打ちでだんだん薄目に、最終的に横向き座り。同じギャグを何度も違う人物でかぶせてくるのはツッコミがないと笑えない日本人に合うのか、かなり場内は笑いがおこってました。ボケをより爆発的なものにする海外のコメディにはないツッコミですが、このかぶせっぷりによる「ここ笑うところですよ」示唆はただバカにされてるとしか思えず帰りたくなった。
最後にグダグダになったところで、喪主っぽい長男がビシーっとつまんない文句で締め、シーンとなる。これは今までのつまんないギャグで笑ってた客に冷や水をぶっかける感じでなかなか良いのですが、いかんせん言ってることがありきたりすぎる。本当に最初から最後までどうでもいい話で、今年のワースト候補。
危なそうな映画は予告をじっくり見てしっかり判断するスキルを身につけねばと思いました。ひどい目にあった。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけOK

【お願い】
・テンプレートに関するご質問をされる方は、必ず「質問の心得」をお読み下さい。

 プロフィール 

junpa1

Author:junpa1
ミコンの町から


↑クリック
flying gecko fun
(ヤモリ・カエル飼い)

 Free AREA 

    follow me on Twitter

     月別アーカイブ 

     フリーエリア