r

CANDLE OF THE DEAD

卑屈で後ろめたい日々のカリソメ・ブログ

--年

--月--日

(--曜日)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年

08月31日

(月曜日)

連日

内容が分かってるので気持ちに余裕を持って『マーターズ』2回目。
とっても味わい深く、見終わった後も何度も色んなシーンを思い出して監督の意図をいろいろ探ってしまいます。たくさんの切り口というかテーマがあってハネケの映画みたい(最近『カフカの「城」』観たんですがすごいいじわるでびっくりした)。
パンフは薄いけど字はいっぱいで、秘宝とも切株本とも違うロジェ監督インタビューがアツイことになってるので買うのをおすすめします。「醜悪な現実を突き付ける役割を果たす」映画への姿勢もハネケを感じる。いろんな状況を示しつつ隠して客を挑発し、客はこれまでの経験から示されない沢山の答えを自分なりに想像する。思考がストップしたりして何も想像できないなら本当につまらない時間になる。
前にエンターメント性なしと思ったんですが、あのバアさんのいう犠牲者うんぬんのくだりと、ラストはすごくシニカルでニヤケました。素晴らしい。本当に味わい深い。スクリーンで、大きな音で観てなんぼでしょ。




コメント

コメントの投稿


管理者にだけOK

【お願い】
・テンプレートに関するご質問をされる方は、必ず「質問の心得」をお読み下さい。

 プロフィール 

junpa1

Author:junpa1
ミコンの町から


↑クリック
flying gecko fun
(ヤモリ・カエル飼い)

 Free AREA 

    follow me on Twitter

     月別アーカイブ 

     フリーエリア 

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。