r

CANDLE OF THE DEAD

卑屈で後ろめたい日々のカリソメ・ブログ

2009年

07月08日

(水曜日)

『美代子阿佐ヶ谷気分』+『フィースト3』

午前中、前日受けた面接結果が出るはずだったのに連絡が来ない。待つのがイヤになったので午後イチ、渋谷に行き2本観た。

ガロの漫画家と後に妻となる彼女的同居人の赤裸々まるだし生活。原作もガロもよく知らないし敷居が高そうな雰囲気でしたが、美代子役の町田マリーが見たいだけで見ました。
けだるい空気感の中で、夢にときめいたり明日にきらめいたりは全然しない人生諦めムードでどん詰まり気味。普通なら別れちゃいそうな事件がおきても頭がおかしくなっても一緒にいられる、いてくれる強いセリフにグッときました。「私たちだけ幸せだったらそれでいいじゃない」こんなこと言われる男になりたい。冒頭の「わたし平和よ」も素敵だ。「ずっと一緒だよ!」なんてセリフは全く当てにならない。
漫画の映像化部分、ドキュメントっぽいナレーション、狂気な精神世界がインサートさせたりでまったくダレない構成も素晴らしかったです。あんじはエロケバくて強烈でした。エンディングも印象的。タイトル作以外の作品も含まれてるようなのでもろもろ読んでもう一回観たいところです。

でシアターNで『フィースト3/最終決戦』。サービスデーだからか超混んでた。
『2』はまるで面白くなかったが、『3』はそのつまらなさを思い出す『2』のラスト直後からスタート。冒頭いきなりガッカリな展開でその後も盛り返せず(ハニーパイがカマさないでどーする!)。不必要なグラグラ暗視カメラシーンにイライラし、エアコンもあまり効いてなくジメジメで不快度MAX。後半はちょいちょい寝てしまいました。愉快そうで期待できそうな新キャラも全然笑えません。『1』は展開を読ませないテンポの良さが素晴らしくちゃんとギャグが成立してたのに、『2』『3』はなんか読めちゃうし、ビックリするようなスゴイ画もないからつらい。といっても『3』のクライマックスはほぼ寝てたので、ちゃんと観てないしもうどうでもいいです。

そしてまたしても不採用通知。就職できる気がまるでしないので目一杯まで失業保険を貰う所存です。
こんだけ雇い主選び放題な状態なんだから、面接とかの交通費出しやがれってんだYO!!クソがッ!!派遣元も紹介する際に、何人競合とか教えてくれればこっちも面接辞退できるのに、教えてくれるところは少ない。

Perfumeの新譜の中で、幽幻道士"特殊霊魂のテーマ曲"のイントロが!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけOK

【お願い】
・テンプレートに関するご質問をされる方は、必ず「質問の心得」をお読み下さい。

 プロフィール 

junpa1

Author:junpa1
ミコンの町から


↑クリック
flying gecko fun
(ヤモリ・カエル飼い)

 Free AREA 

    follow me on Twitter

     月別アーカイブ 

     フリーエリア