r

CANDLE OF THE DEAD

卑屈で後ろめたい日々のカリソメ・ブログ

--年

--月--日

(--曜日)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年

06月27日

(土曜日)

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』

初日。2回観た。

特報&予告どおり乱暴なアクションいっぱい。ガチャガチャ、バーッチョバーッチョやってます。すごく意地悪な作りに笑うしかない場面も。でも『序』のクライマックスであるラミエル戦以上のものを感じなかったのが残念でした。

前作『序』はミサトの反吐の出るようなあざといウザさ以外は完璧だと思いましたが、今回もシンジとの絡みシーンのミサトにはイライラさせられた。新キャラのマリもミサトにかなり近い印象でだめだった。いちいち説明臭い独り言がむかつく。若い人にはああいうのが受けるんでしょう。でもマリはまだまだ謎だらけなので次作で大化けする可能性あるかもです。
あとみんないい人過ぎる(問題を抱えてないっぽい)のも気になった。使徒はガンガン攻めてくるのにへんな緩さが違和感。その中でアスカの自虐的告白はよかったです(そこでもあのミサトのヤローは...)。

とにかく詰め詰め且つ、展開も速く、TV版とは違う衝撃的なところが何個もあって体感時間は超短い。TV版、『序』は編集のマジックなのか同じ高密度でも良い間とかがあって長く感じるのが魅力でもあったんですけど。
今回一番好きなところは、シンジがむかつくアイツに吐き捨てる「僕はもう誰とも笑えません」。ニヤリとするすごくいいセリフです。
じゃミサトがどうシンジに接すればいいか。『今、僕は』の藤澤くん的存在になるしかないと思う。もうしつこく気を遣いまくって大怪我。

パンフは超ネタバレなインタビューが充実してるので買いです。EXTRAはいらないと思う。

0906270.jpg

コメント

コメントの投稿


管理者にだけOK

【お願い】
・テンプレートに関するご質問をされる方は、必ず「質問の心得」をお読み下さい。

 プロフィール 

junpa1

Author:junpa1
ミコンの町から


↑クリック
flying gecko fun
(ヤモリ・カエル飼い)

 Free AREA 

    follow me on Twitter

     月別アーカイブ 

     フリーエリア 

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。