r

CANDLE OF THE DEAD

卑屈で後ろめたい日々のカリソメ・ブログ

--年

--月--日

(--曜日)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年

05月07日

(木曜日)

GW

先週のTBSタマフル・シネマハスラー『レイチェルの結婚』評が素晴らしかった。
POV的な手持ちカメラ撮影の意味がまったくわからずモヤモヤしてたのをスッキリさせてくれたどころか、自分にとってとても印象的な映画になりました。完全にダメ映画だと思ってたのにたったひと言で覆っちゃうなんてすごいなぁ。
今週は『スラムドッグ$ミリオネア』。評が出尽くしてると思うので、どんな切り口でくるか非常に楽しみです。

世間が連休に入る前に観ようと思ってた公開中映画は見尽くしたので、DVDとビデオをボコ観。
初見の中では、超ふざけた邦題で有名な『バス男』と大林宣彦監督のとんでもホラー『HOUSE/ハウス』がよかったです。
バス男は、主人公ナポレオン・ダイナマイトにステキなサムシングをもらえることうけあい。おまけの短編も楽しい。
ハウスは『恐怖奇形人間』オマージュなのかなんだかわからないけど、超すごい映像体験だった...(血もおっぱいも出る)
特に化け猫ポルターガイストvsクンフー(あだ名)の圧倒的な画と音のカオスっぷりはアゲアゲで素晴らしく、この辺はちゃんと『オカルト』にも引き継がれているんですね。必見!
で、ハウス観てたら怪奇大作戦も観たくなり20話くらいボコ観。
怪奇大作戦は"キチガイ製造機"というアツイ単語が飛び出す回「狂鬼人間」が封印作品として欠番になってるおかげで知り、3年くらい前にそれ以外の回もビデオ「ベストファイル」で観たんですが、このビデオシリーズは放映順の収録ではなく、また最終話の「ゆきおんな」が入ってなかった。発売中のDVDで狂鬼欠番と「人喰い蛾(未放映ver.)」以外は観れるけど、いまだに「ゆきおんな」観てないです。みんな大好き「京都買います」で止めて、ありがたみを噛みしめます。贅沢。

0905070.jpg
まわるまわる。『HOUSE』より

HOUSE [DVD]HOUSE [DVD]
(2001/09/21)
池上季実子大場久美子

商品詳細を見る




チャリンコで荒川河川敷を下って葛西まで行ったけど、海の風はじっとりしてるのでやっぱ川がいい。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけOK

【お願い】
・テンプレートに関するご質問をされる方は、必ず「質問の心得」をお読み下さい。

 プロフィール 

junpa1

Author:junpa1
ミコンの町から


↑クリック
flying gecko fun
(ヤモリ・カエル飼い)

 Free AREA 

    follow me on Twitter

     月別アーカイブ 

     フリーエリア 

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。