r

CANDLE OF THE DEAD

卑屈で後ろめたい日々のカリソメ・ブログ

--年

--月--日

(--曜日)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年

04月20日

(月曜日)

ミルクとスラムドッグ

シネコン1000円デーということでアカデミー賞な2作品を超ガラガラ快適環境で。無職って素晴らしい。

『ミルク』はショーン・ペンがかわいい。特に前半の恋人とのイチャつきっぷり仕草がいいです。あれがただキモイと感じるならとっとと帰ったほうがいいです。だめな人は『ブロークバックマウンテン』から観ましょう。
後半はほぼ政治のことばかりなんですが、当選後よりも中盤くらいまでの演説シーンとか仲間に自分の意志を伝えるところがすごくよくてグッときました。益々日本の政治家がウンコに見えてきます。あんだけテレビ出てるんだから、ウソついてでもかっこいい事とか面白い事言えばいいのに。人間的な魅力を全く見せてくれない。そんなんだから泥酔会見とかは魅力的。
あと、敵対する同僚役ジョシュ・ブローリンのボンクラ具合が良かったです。ブリーフ姿がかわいい。オチも最高。
全編ゲイだらけでナヨってるとは言え、超パワフルで素晴らしかったです。またすぐ観に行きたい。

で、すぐ『スラムドッグ$ミリオネア』。
ジョジョ5部エピローグ「眠れる奴隷」で、決定された運命の中で抗うことの"意味"を恐ろしくかっこよく描いてましたが、この映画はその運命が超ハッピーなんで残念ながらストーリー的にあまり面白くない。見終わって何も残らない。でも映像がエネルギッシュでグイグイ魅せます。スラムの描写では、引きの画3段階から超ドアップ、あと斜め撮りも多かった。
でもああいう話でスラムの人達に「勉強すれば豪邸住める!」という希望を与えたんすかね。重要な最終問題を答えるシーケンスなんてびっくりするくらいテキトーなのに。
ボリウッド映画は歌って踊るミュージカルシーンがないとだめだ、と現地の人がテレビの街頭インタビューで言ってましたが...すっかり脱力。

今日出たマーダーウォッチャー新刊にも載ってる『チェイサー』の予告編がよかったです(特にパイプ椅子でブッ叩くところ)。

マーダー・ウォッチャー 殺人大パニック!! (別冊映画秘宝) (洋泉社MOOK 別冊映画秘宝)マーダー・ウォッチャー 殺人大パニック!! (別冊映画秘宝) (洋泉社MOOK 別冊映画秘宝)
(2009/04/20)
柳下 毅一郎

商品詳細を見る

コメント

コメントの投稿


管理者にだけOK

【お願い】
・テンプレートに関するご質問をされる方は、必ず「質問の心得」をお読み下さい。

 プロフィール 

junpa1

Author:junpa1
ミコンの町から


↑クリック
flying gecko fun
(ヤモリ・カエル飼い)

 Free AREA 

    follow me on Twitter

     月別アーカイブ 

     フリーエリア 

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。