r

CANDLE OF THE DEAD

卑屈で後ろめたい日々のカリソメ・ブログ

--年

--月--日

(--曜日)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年

03月24日

(火曜日)

『オカルト』

傑作モキュメンタリー『ノロイ』の白石監督による最新モキュもの『オカルト』観ました。
同じモキュものの『放送禁止』シリーズが裏読み深読みして観るのに対し、『オカルト』は『ノロイ』同様に胡散臭いオカルト的キーワードそのままに突き進む。そして最後はこちらの想像以上に全部見せてくれるので、サービス精神的には『放禁』より上で高揚感がハンパない。
あと『ノロイ』は主要人物多めでキャラ設定描写が少なかったけど、『オカルト』はメインキャラの細かい描写をしつこいくらい出してくるので感情移入しやすくラストは反則気味にスパーク。
観ていて、漫画『七夕の国』と重なったもんだから、あのラストは本当に口ポカーンでした。あと『インディ・4』観ておくとより笑えると思います。

上映前に監督の挨拶があり、フェイクものでは今までで一番真面目に作ったという風な感じのことを言っていて、あー確かに『ノロイ』はかなりふざけたところがあったなぁ、と一瞬思ったんですが、見終わって超嘘つかれたと思いました。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけOK

【お願い】
・テンプレートに関するご質問をされる方は、必ず「質問の心得」をお読み下さい。

 プロフィール 

junpa1

Author:junpa1
ミコンの町から


↑クリック
flying gecko fun
(ヤモリ・カエル飼い)

 Free AREA 

    follow me on Twitter

     月別アーカイブ 

     フリーエリア 

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。