r

CANDLE OF THE DEAD

卑屈で後ろめたい日々のカリソメ・ブログ

2009年

03月18日

(水曜日)

『SRサイタマノラッパー』

初日に劇場まで行くも超満員、ゆうばりファンタでの賞ゲットもしくはみひろ効果で立ち見すらできず。で、やっと火曜日に観てきました。
予告編の感じから、例のリンカーンみたいに、ボンクララッパーがメキメキ成長し最後に熱いライブをかまして大団円!だったらどうしよう...とちょっと思ったんですが、全然そんなんじゃなくプロット的にも1カット1シーンを多用する撮り方も、こないだ観た超低予算映画『今、僕は』にとても近いと思いました(終わり方なんか特に)。タイトルも『今、僕は(北関東だめラッパーの巻)』でいける。
何か好きなものがあって、それをやり続ける意志や覚悟を見せつけられると、余裕で他人に感化するんだと思います。その意志や覚悟の伝え方がとても素晴らしかったです。まさに「ソウル・トゥ・ソウル!」を実践。こういう手法をちょっとは学校で教えるなり紹介しないと!オレなんかまるで全然できないよ。

ゾンビジャケット着て行ったら、上映前にシネマハスラーの宇多丸師匠に気付かれたものの「あッ!」としか言えず、あとはただただ会釈。「いつもラジオ聴いてます」という言葉すら出てこない自分に、劇中のみひろによる「全然だめだなお前、変わってねぇ」というセリフが突き刺さりました。
上映後も、宇多丸師匠が安藤裕子のライブに呼ばれたにもかかわらず挨拶しないで逃げ帰ったように、スタコラ逃げ帰りました。
ちなみに映画の舞台である「フクヤ市」は自分の田舎の深谷市。同級生で上京した人はかなり少ないです。



コメント

コメントの投稿


管理者にだけOK

【お願い】
・テンプレートに関するご質問をされる方は、必ず「質問の心得」をお読み下さい。

 プロフィール 

junpa1

Author:junpa1
ミコンの町から


↑クリック
flying gecko fun
(ヤモリ・カエル飼い)

 Free AREA 

    follow me on Twitter

     月別アーカイブ 

     フリーエリア